The following two tabs change content below.
ブログを効率よく運営して、集客や収益化(マネタイズ)を全自動化させることが最も得意。YouTubeとブログを掛け合わせた新メディアを構築中! かわいい愛娘が2人いて、現在子育てに奮闘中! ⇒詳しいプロフィールはここをクリック
けんいち君
YouTubeを毎日更新しているのに、再生数やチャンネル登録者が数が思うように増えないんです。。。
よごさわ
もしかしたら、動画の視聴者維持率が低いのかもしれませんね。
補足

視聴者維持率とは、「動画を最後まで見てくれた人の割合」のことです。ブログで言うところの滞在時間です。

実は、YouTubeから評価されるためには再生数だけではなく、「視聴者維持率やユーザーの反応・評価」も重要な指標になっています。

動画を視聴するのはユーザーであり、その人たちの行動データを見ればコンテンツの品質を判断できるからです。

たとえば、サムネイルやタイトルで釣ってアクセス数を稼いでも、内容が伴っていなければユーザーはすぐに離脱しますよね。YouTube運営側からすれば、そういったコンテンツは低品質だと判断して露出しないようにするのが当然だと考えます。

一方で、評価が高い動画は過去のものであっても再生数が右肩上がりに増えていきます。

それと同時に、広告収入も大きくなっていくのです。

実際に、弊社で運営している「伊豆のぬし釣り」は毎日更新などしていませんが、確実に再生数とチャンネル登録者数を伸ばすことができています。

YouTubeのアクセスの推移

YouTubeのアクセスの推移

YouTubeの収益の推移
YouTubeの収益の推移

このページでは、動画の広告単価を最大化させる方法と再生数をジワジワと右肩上がりに伸ばす「視聴者維持率」についてご紹介します。

YouTubeチャンネルのデータをもとに、動画の露出を増やして再生数・チャンネル登録者数を増やす方法を見ていきましょう。

YouTubeの再生数と広告収入の増加に直結する「視聴者維持率」とは

冒頭で触れた通り、「動画を最後まで見てくれた人の割合」のことです。ブログで言うところの滞在時間です。

これを高めていくことで、広告を貼られている方であれば広告を見てもらえる数も増えるので収益化が加速します。

そして、YouTubeの集客やファンを獲得されたい方であれば、最後まで見てもらえることでファン化も期待できます。そのため、YouTubeを運営する上では視聴者維持率が重要な指標になることは間違いありません。

ただし、動画の長さも大きく影響していきます。短い動画で視聴者維持率が高くても意味がないからです。

たとえば、1秒の動画を作って視聴者維持率が100%が可能だったとしてもそこに価値はないですよね。

そのため、視聴者維持率はもちろん、再生時間にも注目する必要があります。

たとえば、以下の動画は2分5秒の動画なので、視聴者維持率は51.2%になっていますが、再生時間は1分4秒だけです。

視聴者維持率が高いイメージ
これよりも、以下のデータのように動画に対しての再生時間が長いコンテンツの方が、YouTubeからの評価が高くなることをイメージできるのではないでしょうか。
視聴者維持率が長い例
視聴者維持率が長い例

長めのコンテンツではありますが、平均再生(視聴)時間が長いです。

そのため、先の紹介した宮古島の動画よりも数倍以上ユーザーに閲覧してもらえていることになります。

冒頭部分で大きく離脱されているため、ここを改善することで視聴者維持率を高い水準で保ち、さらに平均視聴時間を延ばすことも可能になります。

企業の広告を扱うYouTubeとしては、長く再生されるコンテンツの方が広告効果が高くなるので、こういった動画を評価すると考えられるのではないでしょうか。

この裏付けとして、視聴者維持率と再生数の推移の関係性について見ていきましょう。

視聴者維持率と再生数の推移の関係性

視聴者維持率は、チャンネルの露出や再生数の推移に直接的に影響してきます。

再度、冒頭で紹介させていただいた運営中の伊豆のぬし釣りのアクセスの推移を見ていきましょう。

YouTubeのアクセスの推移

YouTubeのアクセスの推移

この要因は過去に挙げた動画で伸びてきたものが数本あって、それらはどれも視聴者維持率とかエンゲージメントが高い傾向があります。

補足

エンゲージメントとは、ユーザーが投稿に対して反応を示した割合を示す値のこと。たとえば、高評価やコメントなど。

結果、「YouTubeアルゴリズムの評価が上がって露出が増えた」ということになります。

YouTubeでアクセスを伸ばしてチャンネル登録者を増やすためには、「露出」が重要になります。

しかし、YouTubeはパソコンでもスマホでも表示される動画の数って限られていますよね(^^;

PCで見たYouTubeホーム

PCで見たYouTubeホーム

PCで見た動画の関連動画

PCで見た動画の関連動画

スマホで見た動画の関連動画

スマホで見た動画の関連動画

スマホで見たYouTubeホーム

スマホで見たYouTubeホーム

見てわかる通り、画面をスクロールせずに見える動画(赤枠)は数えられるだけしか表示されません。

トップページはもちろん、動画ページに出てくる「関連動画」も限られていることがわかります。

チャンネル登録してくれていない新規に再生してもらうためには、全世界で数えきれないほどの動画がアップロードされている中で見つけてもらわなければいけません。

実は、チャンネルを伸ばすためにはオススメや関連動画への露出が重要です。

ただ、過激なコンテンツやニュース、SNSでバズったりするなどの「きっかけ」がなければ大きく露出させることは難しいです。

実際に、動画を投稿しても100回再生も伸びずに悩んでいる人はたくさんいます。

最初はどうしてもチャンネルの規模やパワーが小さいので仕方がないですね。。。

ただし、諦める必要はありません。

真面目にコツコツと有益なコンテンツを作成していけば、時間がかかっても評価されるからです。

実際に、以下の動画データをご覧ください。

動画ごとの1日当たりの再生数の推移

YouTubeアクセスの推移
YouTubeアクセスの推移
YouTubeアクセスの推移
YouTubeアクセスの推移

見てわかる通り、投稿から時間が経過していますが、動画が急激に伸びていることがわかります。

これらの動画が急激に伸びた理由は、先に解説した通りどれも視聴者維持率やエンゲージメントが高い傾向があるのです。

投稿直後に露出を増やせなくても、少ない再生の中でユーザーの評価が高まることで、YouTubeアルゴリズムが「このコンテンツは有益だ」と判断してくれると推測できます。

ちなみに、ここでいう「ユーザーの評価」とは、視聴者維持率やエンゲージメントのことです。機械的に考えると、長く再生されることで良質なコンテンツである判断基準になりますし、それに対する高評価やコメントも評価軸にあると考えられます。

YouTubeアルゴリズムのAIが自動で認識する内容に加えて、ユーザー評価を加えることで精度の高いコンテンツ評価が可能になると考えます。

はじめは再生数が少なくても、見てくれた人に対して確実なラインで評価してもらえるコンテンツを作ることが大切です。

先に紹介した画像のように、過去の動画でも伸びていくからです。

けんいち君
視聴者維持率の大切さはわかったけど、やっぱり時間がかかりますよね?
よごさわ

ただ投稿するだけだと、オススメや関連動画への露出がほぼないので見つけてもらうまでに時間がかかります。

しかし、方法があります!

そこで重要になる考え方が、「狙って関連動画に出す」ということです。

関連動画に載るようにねらって動画を出すことでアクセスの流入を確保

関連動画とは、文字通りユーザーが再生している動画に関連するコンテンツのことです。

そのため、チャンネルを確実に伸ばしたいのであれば動画を作成する前にリサーチが必要になります。実際に調べることで、作ろうとしている「動画の需要」や「どんな内容のコンテンツがウケるのか?」がわかるからです。

チャンネル登録者数が多くなっていけば、ユーザーが求めている内容がわかるのでクリエイティブな動画を作成することができます。

しかし、初心者の間はうまくいっていることをマネする方が早いです。

すでに答えがわかっている中で始められれば、最小の労力で確実に再生数とチャンネル登録者数を増やせるからです。

たとえば、バズっている(拡散されている)関連動画であれば、多くの人の関心を集めているので見てもらえる可能性が高くなります。

また前述の通り、YouTubeのオススメやリサーチの結果から人気のコンテンツをマネて作成すれば関連動画に掲載される可能性があります。

注意

当たり前ですが、パクるのではなく構成や見せ方を参考にしてオリジナルのあなたの言葉で発信するということです。

ここで重要なのは、「関連動画からトラフィックを集めるだけではない」ということです。

再生数に対して視聴者維持率やエンゲージメント率が低いと低品質なコンテンツだと判断される可能性が高いからです。せっかく再生されても、すぐに他の動画に離脱されたら意味がないですよね。

これでは関連動画に掲載されても一瞬で表示されなくなってしまいます。

そうではなく、「関連動画からトラフィックを集めるのはあくまでも流入を確保するだけ」と考えることが大切です。

再生された後に、視聴者維持率とエンゲージメント率が高くなければYouTubeの評価軸が上がっていくことがないからです。

  1. たくさん再生される
  2. ユーザー評価が高まる
  3. YouTubeに良質なコンテンツだと評価されてオススメや関連動画に掲載されて露出が増えてさらにアクセスが集まる
  4. このループ

その結果、多くの動画の関連動画に出るようになり、オススメにも掲載されるということです。

すでにうまくいっているところからアクセスを集めて、ユーザー評価の高いコンテンツを作成して効率よくチャンネルを育てていきましょう。

視聴者維持率と広告単価の関係性

伊豆のぬし釣りでは、毎日の再生が1,800を超えてきたあたりで、それにあわせて収益も伸びてきました。

2019年9月現在、1日当たり広告収入が1,000円を超える日も出てきて、1再生0.4~0.5円くらいです。

YouTubeのアクセスの推移

YouTubeのアクセスの推移

YouTubeの収益の推移
YouTubeの収益の推移

How-To系の動画は「学びたい人」しか見ないため、視聴者維持率が高くなる傾向が強いです。

つまり、最後まで見られる割合が大きくなり、その結果表示される広告が多くなって広告収入が増えますね。

たとえば、5分間だけのテレビ番組と1時間枠の放送では、その間に流れる広告の多さが変わりますよね。

YouTubeの場合は基本広告はスキップするかと思いますが、気になった広告は最後まで見てしまうことも多いのではないでしょうか。1つの動画に対して表示される広告が多くなることで、より広告収入を得られる可能性が高くなります。

補足

スキップ可能広告の場合、一定時間再生されないと広告収入は得られない。

YouTubeの場合、10分を超えるコンテンツは動画の中に「ミッドロール広告」と呼ばれる広告を挿入できます。

10分以下の動画

10分以下の動画

10分以下の動画

10分以上の動画

そのため、収益化をしているYouTube動画をよく見ると、ギリギリ10分を超えるコンテンツに編集しているコンテンツが多くあることに気づきます。

たとえば、10:01(10分1秒)以上の長さであれば、ミッドロール広告を複数貼れるイメージです。

10分以上の動画
けんいち君
それなら、隙間なく広告を入れればボロ儲けですね!
よごさわ

広告は適度に入れないと離脱されるので、適度に入れないと広告収入は得られないですね。

メインはコンテンツということを忘れてはいけません!

10分以下の動画は、動画広告の配置を自分で変更することができなくなっています。

広告の配置がいじれない

10分以下の動画

広告の配置がいじれる

10分以上の動画

「10分を超えるかどうか?」だけで、1本当たりの動画単価が数倍も変わってくるのです。

ただし、ただ長ければよいわけではありません。

長く再生されるコンテンツを作成しなければ、複数入れた広告が再生されることはないからです。だからこそ、視聴者維持率の高い動画が必要になります。

けんいち君
なるほど! 「続きを見たい!」と思ってもらえるからこそ、広告が挟まっても再生し続けてくれるんですね!
よごさわ
そういうことです!

テレビも広告が挟まる瞬間は、続きが気になるようになっていますよね。

ユーザーに長く再生してもらえるコンテンツを作成して、広告収入やファン化、集客を最大化させていきましょう。

広告収入を最大化させるための視聴者維持率を上げる方法と例

過激だったり面白かったりする「THE YouTuber」と思えるコメディ系のコンテンツの場合、いかに飽きさせずに最後まで見てもらうかが重要になります。

たとえば、おそらく誰しもが知っているヒカキンTVのヒカキンさんの動画を見ればわかりやすいですね。

  • BGMの変化
  • 色味の変化
  • テロップ
  • 効果音
  • 変顔

あらゆる要素を使って視聴者を飽きさせない工夫がされています。特に、YouTubeは動画なので音の変化をつけるだけでも視聴者維持率が伸びていきます。

その他にも、「え~」「あの~」といった間や、沈黙の時間などは特別な理由がない限り極力カットしたほうがいいです。

これをYouTubeでは「ジャンプカット」と呼びますが、間をなくすことでテンポよく会話が進んでいくので飽きられづらい動画になります。

これはヒカルさんの動画を見れば一目瞭然です。

トーク力があることは間違いありませんが、それにプラスして適度なジャンプカットが施されていますね。

あとは、トークに合わせた効果音や画面のズームなども有効です。

テレビを見ていればすぐにわかりますが、効果音が頻繁に使われていてあらゆる角度や画角(がかく:映像に映る範囲)からのカットが数秒ごとに行われています。

その裏で流れているBGMやトーク音声は続いているため、映像が切り替わっても話題が変わらずに内容を伝えて視覚的に飽きの来ないコンテンツにしているのです。

YouTubeでは、「この人みたいになりたい!」そう思えるロールモデルとなるYouTuberを見つけて徹底的に研究するのがオススメです。ただ見ていただけでは気づかなかった効果音や切り替え、テロップなど細部にわたる工夫が施されていることが見えてきます。

収益のことを考えると、「再生数」や「チャンネル登録者数」だけではないということですね。

好きなことや興味があることで楽しく動画を作りたい場合、ただ作るのではなく考えてコンテンツを作成する必要があるということです。

その結果として、視聴者維持率の高い動画になります。

丁寧に作りこむことで、少ない動画でも1つ1つのコンテンツの広告単価が大きくなります。もちろん、更新頻度を上げていければ収益性を最大化できるのです。

「YouTubeの広告収入を最大化したい!」と考えるのであれば、常に飽きさせない工夫をしていきましょう。

まとめ

YouTubeを運営する上では、視聴者維持率に対する考え方は最低限必要です。

初めから人気コンテンツを作成できるカリスマであれば話は別ですが、初めて参入される方は正攻法で運営するのが確実です。

  1. 視聴者維持率を高め、平均視聴時間を長くすると動画の露出が増えて再生数が伸びる
  2. 視聴者維持率が高いと動画がしっかり再生されるので広告単価が高くなる
  3. 関連動画に載せて初期トラフィックを集め、ユーザー評価を高めてさらに露出を増やす

はじめはこの3つのことを意識するだけでもYouTubeチャンネルは確実に成長していきます。

運営している中で気づきがあれば実践していき、あなたにしか出せないオリジナリティを追求していきましょう。

伊豆のぬし釣りはYouTubeチャンネルにプラスしてブログも運営しているため、是非チェックしてみてください。

伊豆のぬし釣りは「動画制作」や「企業案件」を獲得するためのチャンネルです。

マスに配信しているわけではなくニッチなのですが、それでもこれだけの広告収入を獲得できるのは正直驚きです。

YouTubeはまだまだ伸びているので、

  • まだ始めていない
  • ブログしかやっていない

という方は、まだ伸びている今に参入されることをオススメいたします。

あとは何といっても、好きなことをして稼ぐということが可能なところもいいですね。

ブログの場合は、趣味関連の内容でアクセスを集めても、Googleアドセンスだけだと1PVあたり0.1円以下になることも多いので同じ労力でも結果が大きく変わります。

自社ビジネスであれば、大好きな仕事を楽しみながらそれをコンテンツにするだけで集客ができます。

副業であっても、趣味や興味があることを動画にするだけで収入を得られるのはすごい時代ですね。

もちろん、コンテンツを作るのには大きな労力がかかりますし、見てもらうための工夫や勉強が
たくさん必要
であることは言うまでもありません。

しかし、こういった伸びている市場に便乗できるのは「今」しかないのと、人生の中でそうそう巡り合えるものではありません。

「後ででいいや」

その判断の遅さが、参入者が増えて今のSEOのように成果を出すのが難しくなるのは当然です。

2020年からは5Gも始まるので、動画がより身近になります。

興味がないのであればやる必要はありませんが、YouTubeに少しでも関心があり、可能性を感じている場合は今すぐに始めることをオススメいたします。

YouTube_Audience_retention_rate

無料EBook:成功ブログの作り方
放置でも集客と売上の最大化できる理由

なぜ、放置でも集客と売上の最大化を
実現できるブログが実現できるのか?
その理由をEBookと7つの動画セミナーにまとめました。