確実に集客するための独自性を出して差別化するブログ記事の書き方

The following two tabs change content below.
ブログを効率よく運営して、集客や収益化(マネタイズ)を全自動化させることが最も得意。たった1つのブログで、年間1億2,000万円を動かすまでになりました。かわいい愛娘が2人いて、現在子育てに奮闘中! ⇒詳しいプロフィールはここをクリック

「毎日頑張って記事を書いているのに成果が出ない」とき、不安になりますし、辛いですよね。コンテンツは増えていくのに、アクセスが来なければ集客やアフィリエイトが成立しない状況です。

稼いでいるブログを参考にしているはずなのに、思い通りに成果が出ないのです。通常、ウェブ上でしっかりリサーチをすれば、Googleに評価される記事を誰でもかけます。

それにもかかわらず、アクセスを集められないのです。

一体、アクセスが集まり、集客や報酬の獲得ができているブログと儲からな愛ブログの違いはなんなのでしょうか?

結論から申し上げますと、記事作成における「独自性」があるかどうかだけです。つまり、リサーチした事実となる情報に対して、あなた自身の「考え」や「経験」といった「言葉」が入っているかが重要ということです。

しかし、多くの人はウェブ上に書いてある記事をそのままリライトしてしまい、つまらないコンテンツが仕上がります。

ライバルサイトと代わり映えのない、パクリコンテンツのような面白みのない記事を書いてしまうのです。

他のブログと同じようなことをコンテンツにしても、誰も読みたくありませんよね。

そこでこのページでは、他のブログとの差別化を図るための「独自性」のある記事の書き方を解説させていただきます。

アクセスがなく成果が上がらないのは「独自性」と差別化不足

当たり前ですが、記事を書いたからといって確実にアクセスが集まるとは限りません。

読むのは「人」だからです。

画面の向こう側に、悩んでいる1人の人間のことを思い、その人にの心を動かすことができなければ、ブログで成果をあげることは不可能です。

しかし、ほとんどの人は「ブログを書くこと」だけにとらわれてしまいます。

その結果、読み手のことを一切無視した誰にも読まれないゴミ記事を書いてしまうのです。「ゴミ記事」とは、事実だけが書かれた読んでいてつまらない文章のことを指します。

ここで注意しなければいけないことは、「ブログ記事を書くことは「目的」ではなく「手段」にすぎない」ということです。

共感されるブログ記事でなければ誰も読んでくれない

書くことは当たり前であり、読んでもらえて初めて価値のあるブログになり、成果が出るようになります。そのため、人を楽しませられない文章に価値はありません。

ここでいう「楽しませる」とは、「共感させられる文章」のことです。

たった1人のために記事を書くと、それに該当する人は深く共感してくれて一気にファンになってくれます。

たとえば、あなたが今まさに読んでいるこの記事は、一般の方には刺さりません。「ブログを頑張って書いているのに成果が上がらない人」に対して書いているからです。

しかし、あなたのために書いているからこそ、ここまで読み進めてくれています。

これがブログ記事に求められる「言葉の本質」です。

機械的に「ブログで成果が上がらない理由」が淡々とまとめられた文字を読んでも、ワクワクしないですよね。全く面白くありません。

共感できる内容がなければ、ブログ運営の苦戦を解決できるとは思えないからです。

一方、サイトの見栄えが悪かったり、改行がなくて読みづらかったりする記事であっても、心に刺さる文章は読まれます。

そして、人の心を動かして行動させます。これがコンバージョンに直結するのです。

この最大の違いは、記事を書いた人の「気持ち」や「情熱」があるかどうかです。困っているときに、その分野でこだわりを持って取り組んでいる人に相談をしたくなりますよね。

同じように、文章に「感情」が宿っていると、必ず読み手に伝わり、共感を生んでその人の心を動かしてくれます。

これが、ブログに求められる文章能力です。

ユーザーは暇ではなく、大切な時間を使って「必要なものだけに目を通したい」と考えています。

そのため、適当にリサーチをして情報だけを詰め込んだまとめサイトのような面白みがない記事は誰も読みたくないのは当然ですよね。

たとえば、ダイエットをしたくて悩んで検索をするとします。このとき、事実だけを書いているウィキペディアみたいな記事は読みたくないのと同じです。

そうではなく、「実際に痩せられた人の体験談」や「最も効率よく痩せられる根拠のある記事」を見たいと考えます。

つまり、ユーザーは「調べれば出てくること」ではなく、「一つの『事実』に対して、どう思ってどんな言葉を使うのか?」を知りたがっています。

つまり、その人にしか書けない独自性のある文章ということです。

成果を出せない人は、「事実」だけを書いた記事を書きます。だから面白みもなく、誰も読みたいと思わないのです。

事実を書くだけであれば、誰でもできます。

しかし、その事実に対して考えて、意見を交えて独自性を出せなければ、ブログで稼ぐことは難しいです。これができるかどうかで、ブログの成果が変わるといっても過言ではありません。

そのため、「日々の努力が報われるように、ブログで成果をあげたい!」と考えるのであれば、あなた独自の視点を交えて記事を書いていきましょう。

独自性がない事実だけが書かれたブログ記事は誰も読みたくない

たとえば、「痩せたい!」と思った時に、「ダイエット全集」みたいな教科書を読みたいとは思わないですよね。

全て事実が書かれていますが、共感できないので面白くないからです。

そうではなく、実際に自分と同じような悩みを持ち、それでいてうまく行った事例の記事を読みたいはずです。残念なことに、ウェブの記事は「自分のことだ!」と思える記事以外は無意識レベルで戻るボタンを押して離脱されてしまいます。

そうならないためには、事実だけを書くだけではダメです。

リサーチで求めた「事実」に対して、「あなた独自の意見」を交えて議論を展開してください。

議論を展開するとは、たとえば以下の通りです。

  • 僕は==と思っていたのですが……
  • 一見すると……
  • このとき、==に思われがちですが……

つまり、ユーザーは事実はもちろん、「あなたの言葉」を知りたいのです。

記事を読んでいるとき、ユーザーは無意識レベルで考えながら理解しています。

しかし、読んでいる最中に「これって違うんじゃない?」といった反論や「わからないこと」が出てくると、意識的に考えるようになってしまいます。

こうなると、記事に集中できなくなってしまうのでダメです。

最悪の場合、検索し直されて離脱の原因に繋がります。これでは成果は上がらないですよね。

これを防ぐために、たとえば以下のようなことを考えながら、記事を作成しなければいけません。

  • ユ—ザーはこう考えているんじゃないか?
  • こういう論点があった方が理解しやすいのでは?
  • こんな反論が来るかもしれない

そうすると、ユーザーが考えるであろうことを先読みできます。それに対して、先回りして回答しておけば、ユーザーは自分で考えることなく、流れるように記事を読んで理解してくれます。

すると、考えさせる時間がないため、気づいたら読み終わり、満足度が高く完読率も飛躍していくのです。

その結果、ブログで成果を上げられるようになっていくのです。

まとめ

もし、あなたの書いている記事に「独自性」という考え方が抜けている場合、注意が必要です。これから作成するコンテンツには、あなた独自の考えを交えるようにしましょう。

それを徹底するだけで、差別化ができてライバルを寄せ付けない成果の出るブログが完成します。

事実に対してのあなたの言葉を付け加えて、ユーザーの考えを先回りするコンテンツを作成していきましょう。

 

続いて、

「人の心を動かす共感される禁断の文章術」

を紹介したいのですが、長くなるので
また明日メールさせていただきます。

楽しみにしていてください。

ありがとうございました。

イノバース
イノバースでは、LINE@でブログには書けない最新のアクセスアップ(SEO)方法や稼ぎ方を無料で配信させていただきます。

ぜひ、以下よりご登録ください。

友だち追加

無料メールマガジンにて、「ブログで稼ぐための全手順」を公開中

以下にいつも使っているメールアドレスを
正しくゆっくり入力し『登録ボタン』をクリックしてください。

メールアドレス
※必須※