The following two tabs change content below.
ブログを効率よく運営して、集客や収益化(マネタイズ)を全自動化させることが最も得意。たった1つのブログで、年間1億2,000万円を動かすまでになりました。かわいい愛娘が1人いて、現在子育てに奮闘中! ⇒詳しいプロフィールはここをクリック
けんいち君
レンタルサーバーやドメインの取得は簡単だったけど、設定は専門的で難しそうです……。
よごさわ
大丈夫! ここのマニュアル通りに設定するだけで、あっという間に完成です。

独自ドメインを取得した後は、いよいよエックスサーバーに設定していきます。

これを行うことで、エックスサーバー(土地)とドメイン(住所)の準備が整うため、ワードプレスのブログをインストールできるようになります。

けんいち君
やっとですね!

これで僕も資産家の仲間入りです!

よごさわ
アカウントやブログを誰かに消されることがないので、育てていけば集客やお金を生み出す資産へと変化していきますね。
エックスサーバーと独自ドメインは2つで1つであるため、この設定なしでは表示されないと考えてください。
ウェブサイトのイメージ

もし、現段階でエックスサーバーの登録が終わっていない場合、先に進むことはできません。

今すぐに、以下のコンテンツを確認しながら、エックスサーバーの契約を完了させてください。画像付きでわかりやすく解説しているため、初心者であってもすぐに登録できます。

レンタルサーバーの契約をしよう!エックスサーバーの申し込み方法

2017.03.17

すでにエックスサーバーに登録している場合、早速ドメインの設定をしていきましょう。

エックスドメインの管理画面にログインする

まずは、エックスドメインで取得した「独自ドメイン」を、エックスサーバーに対応させるところから始めます。

そのためには、エックスドメインの管理画面にログインする必要があります。

具体的には、エックスドメインへの会員登録と同時に、「【Xdomain】■重要■会員登録完了のお知らせ」というメールがエックスドメインから送られてきているはずです。

もし、確認できない場合、「迷惑メールフォルダ」や「ゴミ箱」を確認すれば届いているはずです。

このメールを開くと、本文の中に以下の重要な4つの情報が記されています。

  1. 会員ID
  2. メールアドレス(ログイン時に必要)
  3. パスワード
  4. 管理パネル(管理画面)のログインページのURL
エックスドメインを取得するための手順18

上記のメールを確認・保存したのち、「メール本文内の管理パネルのURL」、あるいは以下のボタンをクリックしてログイン画面を開いてください。

ログインページが表示されたら、早速ログインしましょう。次の3つの手順で簡単に管理パネルに入ることができます。

  1. メールアドレスを入力
  2. パスワード(エックスドメイン登録時に設定したもの)を入力
  3. ログインボタンをクリック
エックスドメインを取得するための手順19

ドメイン管理を開く

エックスドメインの管理パネルにログインすると、画面右下に「先ほど取得した独自ドメイン」が表示されています。

エックスドメインを取得するための手順20

「ドメイン管理」ボタンをクリックしてください。

エックスドメインを取得するための手順21

ネームサーバーを変更する

次に、「ネームサーバー」と呼ばれるものを変更していきます。

ネームサーバーとは、対象のドメインをどのサーバーで使用するか決定するためのアドレス

エックスサーバー:ネームサーバーの設定より引用

要は、エックスドメインで取得した「独自ドメイン」と「エックスサーバー」を関連づけるためのものであると考えてください。

けんいち君
「エックスドメインで取得した独自ドメインを、どこのサーバーで表示しますか?」を設定するイメージですか?
よごさわ
そう言うことです!

「エックスサーバーを使います」ということをネームサーバーとして設定することで、お互いがリンク(繋がる)されると考えてください。

ドメインの管理画面に入ったら、「ネームサーバーの確認・変更」ボタンをクリックしてください。

エックスドメインを取得するための手順22

続いて、「ネームサーバーを変更する」ボタンをクリックします。

エックスドメインを取得するための手順23

すると、「ドメインパネル」と書かれたページが表示されます。

エックスドメインは、エックスサーバーが運営しているため、ここでは「ネームサーバー簡単設定」が使えます。

これは、同じ会社を使うことの大きなメリットです。

エックスドメインを取得するための手順24

「利用サービス」の「—-」と書かれた場所をクリックすると、以下のように選択項目が現れます。ここでは、「エクスサーバー」を選択するだけです。

エックスドメインを取得するための手順25

確認できたら、「エックスサーバーの変更(確定)」ボタンをクリックしてください。

エックスドメインを取得するための手順26

以下の画像と同じように、「ネームサーバーの設定を変更しました」と表示されていればOKです。

エックスドメインを取得するための手順27

エックスドメインで取得した独自ドメインをエックスサーバーに設定する方法

エックスサーバー側でも、エックスドメインで取得した独自ドメインの設定を行います。

以下のボタンをクリックして、エックスサーバーのインフォパネル(管理画面)を開いてください。

以下のページが表示されたら、右下にあるサーバーパネルの「ログイン」ボタンをクリックしてください。

エックスドメインを取得するための手順28

次に、画面に向かって右上にあるドメインの「ドメイン設定」をクリックします。

エックスドメインを取得するための手順29

すると、ドメイン設定のページが開きます。

ただ、はじめは「ドメインの一覧」というタブが表示されているため、「ドメインの追加設定」をクリック()してください。

画面が切り替わったら、先ほどエックスドメインいて取得した独自ドメインを入力()してください。

そして、「無料独自SSLを利用する」にチェック()を入れた後、「ドメインの追加(確認)」ボタンをクリック()します。

  1. 「ドメインの追加設定」をクリックしてタブを切り替え
  2. エックスドメインいて取得した独自ドメインを入力
  3. 「無料独自SSLを利用する」にチェック
  4. 「ドメインの追加(確認)」ボタンをクリック
けんいち君
ちょっとまってください!

「SSL」ってなんですか?

よごさわ
「SSL」とは、「Secure Sockets Layer」の略であり、世界基準のセキリティ技術のことです。

この設定を行うことで、セキュリティが向上してハッカーや悪質なスパムからデータを守れるんですよ。

出典:SSL/TLSの解説と選び方まとめ

けんいち君
SSL化をしていないと、色んな情報が抜き取られてしまうんですね!汗
よごさわ
そうです。

SSL化をすれば、通信が暗号化されます。

ログイン情報やクレジットカード情報など、通信時にハッカーが情報を横取りしようとしても暗号になるから、運営者もユーザーも安心して使えますね!

だからイノバースのサイトは、全てSSL化されているんですよ。

けんいち君
なるほど!

ユーザーにとっても、メールアドレスやクレジットカード情報を入力するとき、SSL化されていれば安心して利用できるってことですね!

僕らサイト運営者は「ログイン時」にIDやパスワードを入れるので、抜き取られたら死活問題ですね……。

よごさわ
GoogleもSSL化を推奨しているので、SEOの観点でも最初に設定しておきましょう!

すべてのサイト所有者の皆様に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えています。

ウェブマスター向け公式ブログ:HTTPS をランキング シグナルに使用しますより引用

補足

通常、SSL化は有料ですが、ありがたいことにエックスサーバーは無料で付帯されています。

SSL化されていないサイトのイメージ

けんいち君
「保護されていない通信」とか書いてあると、いかにも怪しいサイトっぽいですね……。
よごさわ
これだと、個人情報の入力を躊躇(ちゅうちょ)してしまう可能性があるから、「このサイトは危険だ」と思われかねません。

機会損失に繋がります。

SSL化されたサイトイメージ

けんいち君
うん! これなら安心して利用できますね!

URLに鍵のマークが付いていたり、「保護された通信」と書いていたりするのがSSL化されているサイトです。

ブログ運営では必須になるため、このタイミングに設定しておきましょう。

最後に、独自ドメインが正しく入力されていることを確認したのち、「ドメインの追加(確定)」ボタンをクリックすれば完了です。

ここまでで、エックスサーバーで独自ドメインを取得して設定するまでの全手順は終わりです。

お疲れ様でした。

まとめ

エックスドメインもエックスサーバーも、同社が運営しているため、初心者には理解しづらい煩わしい設定がないことが最大の魅力です。

また、他のレンタルサーバーもいろいろ試してきましたが、エックスサーバーが低価格でありながら最も安定していました。

そのため、イノバース の意見としては、初心者から上級者までエックスサーバーは絶対的にオススメできます。

なお、エックスドメインとエックスサーバーの設定が完了したからといって、すぐにブログ作成を始められるわけではありません。

設定直後は、登録したドメインにアクセスしても以下のような表示になります。

今回登録した内容の処理があるため、半日〜1日程度、反映に時間がかかると考えてください。処理が終わったら、次のような表示になります。

処理が終わり次第、ワードプレスのブログシステムをインストールしておきましょう。

けんいち君
「ワードプレスのブログシステムのインストール……。

横文字ばかりで難しそうです……。

よごさわ
問題なしです。

エックスサーバーには「自動インストール」という素晴らしい機能があります。

これを利用すれば、たとえ素人であっても簡単にワードプレスをインストールできるため、安心してください。

もちろん、エックスサーバーにワードプレスをインストールする手順も画像付きで紹介してあります。ぜひ、参考にしてください。

>>次のページは、ワードプレスをインストール方法です

エックスサーバーにワードプレスを自動インストールする手順と方法

2017.03.23

無料メールマガジンにて、「ブログで稼ぐための全手順」を公開中

以下にいつも使っているメールアドレスを
正しくゆっくり入力し『登録ボタン』をクリックしてください。

メールアドレス
※必須※