The following two tabs change content below.
ブログを効率よく運営して、集客や収益化(マネタイズ)を全自動化させることが最も得意。たった1つのブログで、年間1億2,000万円を動かすまでになりました。かわいい愛娘が2人いて、現在子育てに奮闘中! ⇒詳しいプロフィールはここをクリック
けんいち君
あれ?

エックスサーバーとワードプレスでSSL化の設定をしたはずなのに、「http」でもサイトにアクセスできるけど、いいんですか?

よごさわ
それは大問題です!

一つのドメインの中に、「http」と「https」で同じ記事がウェブ上に存在することになるからです。

この場合、Googleから「重複コンテンツ」としてペナルティを受ける可能性があります。

補足

重複コンテンツ(別名ミラーコンテンツ)とは文字通り、同じ内容の記事が同じブログ内に存在することを指します。

Googleから見れば、「アクセスを集めるために重複コンテンツを作成している」と見なされてしまいます。その結果、ペナルティを受けて記事の順位を大幅に下げられてしまうのです。

けんいち君
えー!!

それってブログで稼ごうとしている僕からすると死活問題じゃないっすか!汗

よごさわ
おっしゃる通りです!

重複コンテンツのペナルティを回避するために、「http」でアクセスできないように、「https」へ「301リダイレクト」をしておきましょう

「301リダイレクト」とは、ユーザーが任意のURLにアクセスした際に、指定したURLに自動でリダイレクト(つなぎ直してくれること)してくれることを指します。

今回の場合、「http〇〇(独自ドメイン)」にアクセスしたとき、「https〇〇(独自ドメイン)」へ自動的にアクセスしてくれるということです。

リダイレクトあり

たとえば以下のように、「http://innovarth.co.jp」へアクセスしたとき、自動的に「https://innovarth.co.jp」へリダイレクトしてくれます。

リダイレクトをしてあるURL

「こっちが正しいURLですよ」と言ったように、指定したアドレスに自動でアクセスしてもらえるようにする対策が301リダイレクトです。

逆に、301リダイレクト設定をしていないと、「http」と「https」の両方でアクセスできます。

リダイレクトなし

これでは、重複コンテンツと認識されてしまい、Googleからペナルティを受ける可能性があります。

リダイレクトをしてないURL

そこでこのページでは、Googleから評価を下げられないように、エックスサーバーで301リダイレクトを行う方法を解説します。

ブログ立ち上げ当初に301リダイレクトをしておけば、これからさき重複コンテンツでペナルティを受けるリスクが無くなります。

今すぐに設定して、常時SSL化(全てのページをhttps化すること)を完了させましょう。

エックスサーバーで301リダイレクトする具体的な手順

まず、エックスサーバーにログインしましょう。

以下のログイン画面が開いたら、早速ログインしましょう。

  1. 会員IDまたはメールアドレスを入力
  2. インフォパネルパスワードを入力
  3. ログインボタンをクリック
エックスサーバーの管理画面

インフォパネルが表示されたら、下にスクロール(移動)して「サーバー」と書かれた場所を見つけます。

エックスサーバーの管理画面

契約中のサーバーを見つけて、「サーバーパネル」と書かれた箇所の「ログインボタン」をクリック。

エックスサーバーの管理画面

サーバーパネルに切り替わったら、「ホームページ」の中にある「.htaccess編集」を選択してください。

エックスサーバーの管理画面

次に、301リダイレクト設定を行いたいドメインを選びます。

エックスサーバーの管理画面

すると、「.htaccess編集」画面が表示されます。

最初は「使用前のご注意」のタブが開いているため、「.htaccess編集」にタブを切り替えてください。

エックスサーバーの管理画面

すると、以下のようにコードが書いてある画面が表示されます。

エックスサーバーの管理画面
けんいち君
むむ!!

初心者なのでいじるのが怖いです……汗 書いてあることの意味が全くわからないけど大丈夫ですか??

よごさわ
問題なしです。

指定のコードをコピペするだけなので、一瞬で終わります。

「.htaccess」に記載されているコードの中にある、「# BEGIN WordPress」を見つけます。デフォルトでは、一番上にあります。

エックスサーバーの管理画面

次は、「# BEGIN WordPress」の直前(上)に以下をコピペして、右下の「.htaccessを編集する(確認)ボタン」をクリックするだけです。

エックスサーバーの管理画面

最後に、「# BEGIN WordPress」の直前にコードが貼り付けられていることを確認します。以下のように、問題がなければ「.htaccessを編集する(確定)」をクリックして終了です

エックスサーバーの管理画面

以下のように、「.htaccessを編集しました」と表示がでたら終わりです。お疲れ様でした。

エックスサーバーの管理画面

最終確認として、「http://独自ドメイン」でアクセスしてみて、以下のように「https://独自ドメイン」へリダイレクトされれば完了です。

リダイレクトをしてあるURL

まとめ

けんいち君
めっちゃ簡単ですね!

もっと複雑なことをしなければいけないと思っていました。

よごさわ
これを自分で調べるとなると大変だけど、指示通りやるだけなら簡単ですね!

常時SSL化設定は、これにて終了です。301リダイレクトの設定も終わり、重複コンテンツとなるリスクも回避できるので安心です。

ブログは立ち上げ当初に初期設定をしておかないと、後から修正しづらくなるためここで終わらせておきましょう。

>>次のページにて、ワードプレスの初期設定を終わらせましょう

WordPressのパーマリンクをSEOに強く設定変更する方法

2017.04.14
イノバース
イノバースでは、LINE@でブログには書けない最新のアクセスアップ(SEO)方法やブログの収益化方法を無料で配信させていただきます。

ぜひ、以下よりご登録ください。

友だち追加

無料メールマガジンにて、「ブログで稼ぐための全手順」を公開中

以下にいつも使っているメールアドレスを
正しくゆっくり入力し『登録ボタン』をクリックしてください。

メールアドレス
※必須※