The following two tabs change content below.
ブログを効率よく運営して、集客や収益化(マネタイズ)を全自動化させることが最も得意。たった1つのブログで、年間1億2,000万円を動かすまでになりました。かわいい愛娘が1人いて、現在子育てに奮闘中! ⇒詳しいプロフィールはここをクリック

ブログやウェブサイトを運営している人であれば、「記事(コンテンツ)を検索結果に上位表示させたい!」と誰しもが思うはずです。

検索エンジンからアクセスしてもらうことさえできれば、広告費を1円も使用せずにユーザー(お客様)を集めることができるからです。

けんいち君
たしかに、検索をしてもらえればアクセスは集まりそうだけど、僕みたいなブログ初心者には難しいんじゃないですか?
よごさわ
そんなことはありません。

SEO(えすいーおー:検索エンジン最適化)の基礎となる「SEOキーワード」を理解していれば、誰でも検索上位を狙うことができます。

これは「知っているか」「知らないか」の差だけです。

実際に、弊社イノバースが運営しているウェブサイトは小手先のテクニックを使用せずに、アクセスを集めることに成功しています。また、コンサルティングとしてアドバイスをさせていただいているクライアント様にも、同じように成果を出していただいています。

広告費が1円もかからないため、利益率が圧倒的に高くなるのです。

ただ、これをあなたにも実践していただくためには、「SEOキーワード」と呼ばれる基礎知識を身につけていただく必要があります。

そこでこのページでは、SEO対策の基本となる「SEOキーワード」について初心者でも完璧に理解できるように解説させていただきます。

これを読み終えると、イノバースがどのようにしてコンテンツを投稿するだけで検索上位に表示できているのかを理解できるだけでなく、あなたも同じように再現できるようになります。

ぜひ、参考にしてください。

SEOキーワードとは?

SEOキーワードとは、検索を行う際に使用する「キーワードそのもの」のことを指します。

たとえば、わからないことや今すぐ解決したい悩みがある場合、Google、あるいはYahoo!で検索をするはずです。このとき、文字または音声入力にかかわらず、「キーワード」を入れて調べごとをするはずです。

Googleの検索窓口

ここで使用するキーワードこそが「SEOキーワード」です。疑問や悩みを解決するための「答え」を検索するために使用するため、「合言葉」であるとも考えられます。

つまり、「答えとなる記事を探すために入力する言葉」そのものがSEOキーワードということです。

けんいち君
僕はわからないことがあれば、すぐにググります!(検索すること)

このときに入力していたのが「SEOキーワード」だったんですね。

あなたが運営するブログやウェブサイトにアクセスを集めたいのであれば、常にSEOキーワードを意識して考える必要があります。検索される際に使用されるキーワードには、ユーザーニーズ(必要としている情報)が隠されているからです。

SEOキーワード=ユーザーニーズ

実は、SEOキーワードはユーザーニーズそのものです。誰しもが、「〇〇について知りたい!」と考えて検索するキーワードを選んでいます。それを逆算して考えれば、ユーザーが求めている情報が手に取るようにわかるのです。

たとえば、「ニキビ 治し方」で検索する人の場合、「ニキビを直す方法を知りたい」であろうことが予測できます。

一方、「ダイエット 食事 制限 なし」というキーワードを使う人であれば、「無理な食事制限をしなくても、痩せられる方法を知りたい」と考えられるはずです。

つまり、無数にあるキーワードの中から一つを選び、検索をしているということは、理由があるということです。

これを、検索意図(検索する理由)と呼びます。

このユーザーニーズが、SEOキーワードに隠されているのです。

けんいち君
なるほど!

普段は「検索をする側」だから気づかなかったけど、「検索をされる側」の視点からするとSEOキーワードからユーザーが知りたい情報(ニーズ)を逆算して、それを記事にするということですね!

よごさわ
その通りです。

キーワードさえわかれば、その時点でユーザーニーズも手に取るようにわかります。

ここまでくれば、「特定のSEOキーワードで検索してくれる人が求めている情報」を書くだけで、検索されるようになるんですよ。

けんいち君
ということは、ユーザーニーズを完璧に満たすほどの有益な情報をコンテンツにすれば、嫌でもアクセスが集まりそうですね。
よごさわ
飲み込みが早いですね!

「ユーザーが必要としていること」を記事にするから求められるようになり、評価されて上位表示します。

これをブレなく行うために、SEOキーワードを洗い出してユーザーニーズを明確にするということです。

重要なのは、「ユーザーは悩みがあるから検索をしている」ということです。これを解決するコンテンツを書くことさえできれば、「これが知りたかったんです!」と感謝されるようになります。

検索意図とコンテンツの内容が一致するイメージ

逆をいえば、キーワードだけを意識して記事を作成した場合、SEOキーワード(悩み)とコンテンツの中身(答え)にギャップが生じます。当然のことながら、ユーザーニーズを満たせない記事は誰も求めていないため、検索上位に表示されることはありえません。

仮に、アクセスがあったとしても、ユーザーは「ここには求めている情報はない」と思ってページを離脱してしまうことでしょう。

「アクセスが集まらない」「記事を量産しても上位表示しない」と言っている方のほとんどが、ユーザーニーズとかけ離れた文章を作成してしまいます。

これではどれだけ努力をしてコンテンツを書き続けたとしても、望み通りの結果を生み出すことはできません。

このような状態に陥らないためにも、必ずSEOキーワードを理解して、ユーザーが求めている情報だけを発信するように心がけていきましょう。

けんいち君
今までは、キーワードを意識するだけでアクセスが集まると思っていました。

SEOキーワードに加えて、「ユーザーニーズ」に関しても徹底的に考えなければ、上位表示を達成することは永遠にできませんね!

SEOキーワードはツールで簡単に見つけ出せる

SEOキーワードの概念を理解したあとは、「実際にどのキーワードが使われているのか?」をリサーチする必要があります。机上の空論でキーワードを決定しても、誰も使用していなければ検索されることはないからです。

けんいち君
とはいっても、どうやってSEOキーワードを探すんですか?
よごさわ
それなら、無料で使えるキーワードツールを使いましょう。

中でも、Googleが無料で提供している「Googleキーワードプランナー」がオススメです。

これなら、誰でも簡単に、普段から使われているSEOキーワードを調べることができますよ。

Googleキーワードプランナーとは、Googleアドワーズと呼ばれる広告を運用するためのソフトです。登録さえすれば無料で使えるため、ブログ運営を行う上での必須ツールであると言えます。

詳しく知りたい場合、以下のコンテンツを参照してください。

【2017年最新】Googleキーワードプランナーの使い方とキーワード選定方法

2017.01.21

Googleキーワードプランナーを使用すれば、以下のようなデータを入手できます。

たとえば、「ダイエット」というキーワードを入力したときのイメージを見てみましょう。

キーワードプランナーを使用した際のイメージ
けんいち君
すごい!

「ダイエット」というキーワードを含んだSEOキーワードが一覧で表示されるんですね!

しかも、月間検索ボリューム(1ヶ月あたりに何回検索をされているのか)も同時に見れるから、需要の大きさも一目瞭然ですね。

よごさわ
このデータからは、「上位表示を達成した時のおおよその月間アクセス数」と「需要」を読み取れます。

これを指標として、SEOキーワードを1つずつ攻略していきましょう。

Googleキーワードプランナーは、SEOキーワードの提案力は低いものの、検索需要を可視化できます。普段から検索されているキーワードを把握することで、「ユーザーが抱える悩みの度合い」を逆算していくということです。

慣れてくれば、SEOキーワードを見るだけで、ユーザーニーズが見えてきます。

たったこれだけのことで、検索上位に表示できるかどうかが決まると言っても過言ではありません。重要な要素になるため、必ず押さえておきましょう。

ユーザーニーズを満たした記事の書き方を知りたい方は、以下の記事もあわせて読んでおきましょう。

人気ブログに必須なユーザーニーズを満たした記事の書き方

2016.11.29

SEOキーワードは3つの種類に分類できる

SEOキーワードは大きく分けて、3つの種類に分類できます。以下の3種類です。

  1. 行動」キーワード
  2. 商標・ブランド」キーワード
  3. 情報収集」キーワード

順を追って解説します。

「行動」キーワードとは

「行動」キーワードとは、文字通り「〇〇をしたい」という行動をしようとしている人が使うキーワードのことです。

たとえば、以下のような行動をしようとしている人が使用するSEOキーワードです。

  • 商品を買いたい
  • 見積りを依頼したい
  • サービスへ申し込みをしたい

要するに、コンバージョン(成果発生・目的達成)に近いキーワードであるということです。

「行動」キーワードの例

キーワード目的求めているページ
外構工事 見積り外構(庭)工事の見積もりをしたい。無料見積もりのお申し込みページ。
住宅ローン 比較それぞれの金融機関の金利や付帯サービス、手数料を比較した上で借入先を決めたい。金融機関を比較したランキングページ。
薬剤師 転職今の職場よりもよい条件の会社に転職したい。(薬剤師)近くでより条件の良い転職先を検索できるページ。

あるいは、転職サイトそのもの。

「行動」キーワードに適したブログ記事とは

前述の通り、「行動」という言葉が表している通り、ユーザーは行動をしようとしています。

そのため、このページでは余分な説明はできる限り排除して、「この商品・サービスがオススメですよ」「いますぐお問い合わせをしてください」「資料請求はこちら」など、背中を押して行動を促すコンテンツが好ましいでしょう。

実は、「〇〇がしたい!」と思えるほど考えが顕在化(はっきりとしていること)している人は、全体の1割以下と言われています。

人間は自分の意識下では、5%しか認識できない。

ハーバード・ビジネススクール:ジェラルド・ザルトマン教授

残りの9割強の人は、「痩せたい」「ニキビを治したい」などの悩みはあるものの、どれで解決したら良いのかがわからないのです。

だからこそ、検索をしてその答えを探しています。

目的意識がはっきりしていない人に対して、商品やサービスを進めても購入してくれないことは説明するまでもないと思います。下手をすれば、嫌われてしまうかもしれません。

一方、「行動」キーワードを使う人の場合、「私の悩みを解決するのは〇〇(商品やサービス)だ!」と気付いています。顕在化されたニーズに対して、「あなたには△△がオススメです」「◇◇で無料見積りをしましょう」という記事を用意しておくだけで、簡単に成約していくのです。

ここで必要となるのは、ブログ記事というよりも、コンバージョン(成果)を生み出すLP(ランディングページ)に最適であると言えます。

ランディングページとは、ユーザーに行動を起こしてもらうためのページです。 

「いますぐ客(購買決定などの行動をしようとしている人)」と呼ばれるユーザーは、「行動」キーワードを使って検索をします。

だからこそ、「〇〇をしたい!」というユーザーニーズを満たすLPを用意しておくことで、面白いようにコンバージョンが生まれていくのです。

そのため、「行動」キーワードで上位表示ができれば、多くのコンバージョンが発生します。

ただし、初心者がこのキーワードで上位表示をさせるのは難しいです。最もお金になるキーワードであるため、ライバルがたくさんいるからです。

そのため、「行動」キーワードだけを狙うのではなく、最終的に上位表示することを目標としていきます。

よごさわ
SEOに自信がある方であれば、積極的に狙いに行ってもよいでしょう。

「商標・ブランド」キーワードとは

「商標・ブランド」キーワードとは、特定のブログやウェブサイトへアクセスするために使用するSEOキーワードのことです。

たとえば、「Amazon」「Facebook」「楽天」などの単語で検索する人は、これらのサイトへアクセスしたいと考えています。

これが、「商標・ブランド」キーワードです。

「商標・ブランド」キーワードの例

キーワードの目的求めているページ
Amazonアマゾンのサイトに行きたい。アマゾンの公式サイト。
FacebookFacebookのサイトに行きたい。Facebookの公式サイト。
イノバース(当サイト)イノバースのサイトに行きたい。イノバースのサイト。(当サイト)

「商標・ブランド」キーワードに適したブログ記事とは

これはいうまでもなく、あなたのブログやウェブサイトのタイトルで攻略します。

ユーザーのためになる記事を書き続けることにより、必然的にあなたが運営するブログは有名になります。その結果、サイト名で検索されるようになり、「商標・ブランド」キーワードで検索されるようになるのです。

つまり、あなたが運営しているブログ名自体がブランド化されていき、検索需要を生み出していきます。

当然のことながら、AmazonやFacebookも始めから有名だったわけではありません。少しずつ知名度が上がり、「商標・ブランド」キーワードそのものを創造したのです。

当サイトも同じように、「イノバース」という言葉は私が作った造語です。世の中にイノバースという言葉はありませんが、こうやって情報発信をしていることで、知名度が上がり、今では「イノバース」という商標・ブランドキーワードで検索されるようになっています。

そのため、あなたも真面目にブログを運営していれば、必然的にあなたのブログ名自体が「商標・ブランド」キーワードになると考えてください。

「情報収集」キーワードとは

「情報収集」という言葉の通り、「疑問や悩みを解決する答えを知りたい!」と考えている人が使用するSEOキーワードです。

このキーワードは、最も検索需要があります。

たとえば、「ダイエットの方法」や「ニキビの治し方」、「筋トレの方法」などです。少し考えただけでも、無数に挙がるはずです。

「情報収集」キーワードの例

キーワード目的求めているページ
おすすめ ダイエット 運動運動で痩せたいと考えていて、おすすめの方法があれば知りたい。運動によるダイエットの効果を、数字や根拠がある具体的な方法をわかりやすく解説しているページ。
WordPress インストールワードプレスのインストール方法を知りたい。ワードプレスのインストール方法を解説しているページ。
エックスサーバー 契約エックスサーバーでサーバーを借りる方法を知りたい。エックスサーバーで契約するための手順を記したページ。

「情報収集」キーワードに適したブログ記事とは

「情報収集」キーワードに適したブログ記事とは、サイトの末端にあるコンテンツそのものです。あなたが今見ているこのページがまさに、情報収集キーワードを対策したブログ記事です。

ビジネスの集客やアフィリエイトにかかわらず、「お客様」となり得るユーザーは何かしらの「悩み」を抱えています。そのため、それを解決する有益な情報を発信するだけで、困っている人から検索されるようになります。

そして、内容がよければ少しずつ評価されるようになり、確実に上位表示をしていくのです。

多くの方は、知れば知るほど「もっと知りたい!」という欲求が強くなっていくため、常に検索をして情報収集をしています。

実際に、あなたも今まさに、このページで情報収集をしている最中でしょう。

「情報収集」キーワードで検索をする人は、自分自身がどの商品やサービスが適しているのかを理解できていません。だからこそ、悩みを解決するための答えを探しているのです。

徹底的に調べ終わった後に、「私に最適なのはこれだ!」という最終的なゴールが見つかるのです。

ここまできて初めて、コンバージョンが生まれます。

そのため、すぐにはお客様にはなってくれないとしても、いずれあなたから商品を買ってくれたり、サービスに申し込んでくれたりする可能性があります。

ユーザーの悩みを解決する記事を無数に用意しておくことで、何度も読んでもらえるため、「ここのブログは信頼できる!」と思ってもらえるようになるからです。

今すぐにお客様になってくれない人を「潜在顧客」と呼びます。潜在顧客は情報を提供(顧客教育)し続けることで「見込み客(お客様になってくれる可能性がある人)」へと変わるのです。

すぐには成約してくれない代わりに、未来の優良顧客を集客できます。そのため、情報収集キーワードの対策は必須であると考えてください。

これについての詳細は、当サイト内の以下の記事を熟読してください。

アプローチ(顧客教育)で見込み客へと変化する潜在顧客とは

2016.06.27

これを実現させるためにも、あなたが扱うサービスや商品に関する「情報収集」キーワードを徹底的に網羅してください。

このSEOキーワードの出来栄え次第で、集客力が決まるといっても過言ではありません。

それぞれを掛け合わせた複合キーワードも分類しよう

先に紹介した3種類のキーワードは、時として複数のユーザーニーズ(求めている情報)があると考えられます。

たとえば、「レンタルサーバー オススメ」というキーワードの場合、2つの目的があると考えられます。1つ目は、「レンタルサーバーを借りたい(行動)」であり、2つ目は「他社とも比較して、納得できる会社を知りたい(情報収集)」です。

また、「ダイエット」というキーワードも同じように、「痩せたい(行動)」「痩せられる方法を知りたい(情報収集)」というユーザーニーズがあると予測できます。

さらに、キーワードが単語の場合、3種類全ての属性をあわせ持っているとも考えられます。

たとえば、「YouTube」というキーワードで考えてみましょう。この単語だけでは、ユーザーニーズが曖昧でわかりづらいため、多くの仮説を立てることができます。

  1. YouTubeの動画をみたい:行動
  2. YouTubeの公式サイトに行きたい:商標・ブランド
  3. YouTubeの広告収入の仕組みを知りたい:情報収集

このように、1つのキーワード(複合を含む)であっても、複数のユーザーニーズが隠れています。そのため、無理やり1ページにまとめてはいけません。それぞれが求めている「答え」が異なるからです。

けんいち君
この場合、どうしたらよいのでしょうか?
よごさわ
実は、上位表示を達成できるのは、末端にあるコンテンツだけではありません。

トップページやカテゴリーページなども評価の対象なんですよ。

けんいち君
そうか!

トップページやカテゴリーページなら、ユーザーニーズが曖昧でもたくさん記事があるからより多くのユーザーニーズに応えられるってことですね?

よごさわ
その通りです。

分類されたカテゴリーなら、その中に入っているコンテンツの種類を豊富にすれば多くのユーザーニーズを満たせますね。

以下の図をご覧ください。

カテゴリーでユーザーニーズを掴むイメージ
けんいち君
たしかに、これなら「ダイエット 食事」というユーザーニーズが曖昧なキーワードで検索する人に対しても、必要な情報を提供できますね!
よごさわ
次に、トップページがより多くの人のニーズを満たすことができる図を見てみましょう。
トップページでユーザーニーズを掴むイメージ
けんいち君
なるほど!

これなら、「ダイエット」という曖昧な検索意図をほぼカバーできるってことですね!

しかも、カテゴリーで分類されていれば、必要な情報をピックアップして読むこともできるから使い勝手も良さそうです^^

よごさわ
だんだんSEOキーワードについて理解できてきましたね!

ユーザーニーズが明確なキーワードに対してはブログ記事を書きます。

そして、ユーザーニーズが複合されて検索意図が曖昧なキーワードは、カテゴリーやトップページで対策をしていくということです。

つまり、情報量と網羅性が鍵を握っているということです。

一見すると低品質に見える「まとめ記事」が上位表示している理由は、網羅性に優れているからなのですよ。

これらの情報は、キーワードを洗い出さなければ種類分けや分析はできません。これでは、ユーザーが求めている記事(カテゴリーやトップページを含む)を作ることは不可能なのです。

そこで、SEOキーワードを抽出して、分類分けをすることで、悩みを抱えているユーザーニーズを完璧に満たすコンテンツが作れるようになると考えてください。

これができるようになれば、勝手に検索・評価されるようになるため、ほったらかしであなたの記事は上位表示をしていきます。

実際に、検索エンジンを作っているGoogleは、以下のように述べています。

完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すエンジンである。

Googleがユーザーのためにしていることより引用

ただし、何度も解説している通り、そのためには「SEOキーワード」を理解して、しっかりと分類する必要があります。

これには、莫大な時間と労力がかかることを忘れてはいけません。

しかし、逆を言えばSEOキーワード対策さえできれば、誰でも上位表示できると考えてください。

冒頭で述べた通り、これは「知っている」か「知らない」かだけの差です。あなたは今この瞬間にこの事実を知ることができたため、同じように実践するだけで必ずアクセス・コンバージョンが生まれるブログを運営できるようになります。

コツコツと頑張り、努力をおしまない人しか勝ち残れないのです。

しかし、時間がかかってもよいので、毎日少しずつ、一歩でも踏み出せれば結果は必ず付いてくるので頑張ってください。

けんいち君
まさに、「千里の道も一歩から」ですね……。

最後に、ここで紹介した3つのSEOキーワードとそれぞれを複合したものを一覧で記します。これを参考にして、あなたのビジネスで応用してみましょう。

キーワードの種類目的特徴
「行動」キーワード「〇〇したい」といったように、行動をするため。このキーワードで上位表示できれば、それだけで成果が発生します。

そのため、LPに最適なSEOキーワードであると言えます。

ただ、上位表示は難しいため、最下層のブログ記事からアクセスを集めて、誘導、上位表示を目指したいところです。
「商標・ブランド」キーワード目的のブログ・ウェブサイトへのアクセスすること。AmazonやYouTubeなどのように、目的とするサイトに訪れるためのSEOキーワードです。

あなたのブログも最終的に、「商標・ブランド」キーワードで1位の獲得を目指します。
「情報収集」キーワード
※一番重要
疑問や悩みを解決する答えを知ること。最も検索されるキーワードであり、ユーザーの大半はここから入ってきます。

訪れてくれた人の悩みを解決する記事を多数用意しておくことで、あなたのことを「その分野の専門家」として見てくれるようになります。

結果としてファンとなり、面白いほど簡単に集客ができるようになります。

そのため、集客に最適なSEOキーワードであるといえます。
「行動」&「情報収集」キーワード情報収集をした上で、行動をしようとしています。悩みを解決する手段や方法を知っているが、最後に「どれ・どこが良いのか?」を情報収集してから購入・申し込み(行動)をしようとしています。

アフィリエイトサイトでは、このSEOキーワード群を徹底的に網羅することで、少ないアクセスでも高い成約率を実現できます。
「行動」&「商標・ブランド」キーワード行動を起こすために、特定のブログ・ウェブサイトへ行こうとしています。たとえば、お庭の工事の見積り(行動)を行うために、「〇〇(会社名)」(商標・ブランド)を検索するパターンです。

・会社名 + 見積り
・サイト名 + 資料請求
・ブログ名 + 無料相談
など…………

あなたが運営しているブログ、ウェブサイトが有名になり、独自のサービスをしていれば、このSEOキーワードで上位表示できるようになります。
「商標・ブランド」&「情報収集」キーワード情報収集のために、特定のブログ・ウェブサイトへ行こうとしています。あなたのブログやサイトが有名になると、このキーワードで上位表示されるようになります。


あなたの会社名やブログ・ウェブサイト名を含めて検索されるため、ファンからのアクセスを見込めます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「SEOキーワード」の考え方はシンプルであり、正しく理解して対策するだけで、簡単に上位表示を実現できることをご理解いただけたはずです。

しかし、キーワードの分類やニーズの洗い出しをするためには、時間と労力が必要であることを忘れてはいけません。

これをコツコツとできる人だけが、検索エンジンからのアクセスを獲得できます。その結果として、広告費を1円も使用せずに集客・アフィリエイトができるようになると考えてください。

これからは、「検索をする側」から「検索される側」になります。常にSEOキーワードを意識して「ユーザーは何を求めているのか?」を徹底的に考える癖をつけるようにしましょう。

無料メールマガジンにて、「ブログで稼ぐための全手順」を公開中

以下にいつも使っているメールアドレスを
正しくゆっくり入力し『登録ボタン』をクリックしてください。

メールアドレス
※必須※