The following two tabs change content below.
ブログを効率よく運営して、集客や収益化(マネタイズ)を全自動化させることが最も得意。たった1つのブログで、年間1億2,000万円を動かすまでになりました。かわいい愛娘が2人いて、現在子育てに奮闘中! ⇒詳しいプロフィールはここをクリック

ブログを活用してコンテンツマーケティングを行う場合、検索エンジンからユーザーを大量に流入する必要があります。そのため、多くの企業は毎日、記事を作成しては公開する作業を繰り返しているのではないでしょうか。

ただ、広告費を1円も使用せずにあなたの運営しているブログへアクセスを集めるためには、最低限のSEO対策が必要になります。

しかし、多くの方はキーワードばかりを重視してしまい、肝心なサイト内構造や投稿方法まで考慮して戦略を練っている会社は少ないです。その結果、ブログ記事作成に莫大な資金や労力を投じたにも関わらず、アクセスが集まらない媒体が完成してしまいます。

このようなリスクを防ぐために、このページではブログのSEO効果を最大化させる方法を22の項目に分けて分かりやすく解説していきます。一つ一つ確実に実践していくことで、あなたが運営しているブログのアクセス数は確実に増え続けるようになります。

ここでいう「ブログ」とは、wordpressなどで作成する物であり、アメブロやFC2のような無料ブログサービスとは異なります。大前提として、独自ドメインとレンタルサーバーを用いて作成するようなものであると考えてください。

SEOの効果を最大化するサイトの構造にする9つのポイント

まず、ここではブログのSEO効果を最大限に発揮するためのサイトの構造を解説します。以下の図を確認して下さい。

SEOの効果を最大化するサイトの構造

このように、サイトの構造はできる限りシンプルであるほうが検索エンジンに好印象を与えます。訪問してくれたお客様に対しても、ユーザビリティ(使いやすさ)が良いからです。

そのため、ブログが上記の図のようになっていない場合、必ず以下のような3階層になるように設定するようにしましょう。

  1. トップページ
  2. カテゴリーページ
  3. コンテンツページ

ブログの構成をしっかりと整えていなければ、せっかく訪れてくれたユーザーに使いづらい印象を与えてしまいます。その結果、他のコンテンツを読んでくれなかったり、離脱したりしてしまう可能性があるため、確実に抑えていきましょう。

以下からは、ブログのSEO対策の具体的な方法を紹介していきます。

1.サイトを開設したことをGoogleへ報告をする

ブログで集客を考えているにも関わらず、サイトを開設したことをGoogleへ報告していない人があまりにも多すぎます。現在の検索エンジンは、ほぼGoogleで成り立っているため、これを怠ってしまうと、あなたがせっかく作成したウェブサイトやコンテンツページが検索結果に現れない可能性があります。

実際、既にウェブサイトをいくつも持っているお客様であっても、多くの方はこのことを知りません。

Googleのロボットにウェブページを認識させることを「インデックス」と呼び、この状態にならなければインターネット上に存在していないに等しいです。

このようなリスクを防ぐために、今すぐに「Google search console(ぐーぐるさーちこんそーる)」へアクセスをして、あなたが運営しているブログを登録をするようにしましょう。これを行うことで、「ウェブ上にあるブログの所有者はあなたである」と判断されるようになり、細かい分析や改善が思い通りにできるようになります。

2.サイトマップを用意する

前述の通り、Google search consoleへウェブサイトの登録をすると、その所有者があなたであると認識されます。

このとき、Google search consoleへブログを追加するだけではなく、サイトマップを送信する必要があります。これを行うことで、クローラーがあなたが運営しているサイトの全てのページを巡回してくれるようになり、結果として検索順位に影響します。

なお、サイトマップは以下の2種類が存在します。

  • ユーザーが観覧するサイトマップ
  • クローラー(検索エンジンロボット)が巡回する「XMLサイトマップ」

前者のサイトマップは、ユーザーがサイト内にある全てのコンテンツを見れるものです。弊社の場合であれば、「当サイトのサイトマップ」のようなイメージです。

一方、後者のXMLサイトマップとは、クローラーが巡回するためのものです。そのため、Google search consoleへこのXMLサイトマップを送信して、サイト内にあるサイト内にあるコンテンツを常にGoogleが見つけやすい状況に整えておきましょう。

word pressであれば、「Google XML Sitemap」というプラグインを設定すれば自動的に最適化してくれるので、必ず導入しておきましょう。単純なことではありますが、その効果は計り知れません。

3.パンくずリストを設置する

ブログ運営でSEO効果を最大化するためには、サイトマップを作っただけで安心してはいけません。訪れたユーザーに対して、サイト内のどこのカテゴリーのどの記事にいるのかを示す「パンくずリスト」と呼ばれるものが必要です。

このページであれば、タイトルの上に以下のようなパンくずリストが用意されています。

当サイトのパンくずリストのイメージ

word pressのテーマの中には、パンくずリストがないものもあるため、有無を確認して、必ず導入するようにしましょう。

パンくずリストを用意しておくことで、ユーザーが観覧しているページを簡単に確認することができます。これにより、ブログを見てくれているユーザーに対して、利便性が向上します。

さらに、検索エンジンに対しても、あなたが運営しているブログの構造を理解してもらいやすくなります。

4.分かりやすいURL(パーマリンク)を設定する

次に、検索エンジンから適切に評価されるように、URLを最適化しておく必要があります。

word pressの場合、なにも設定をせずにコンテンツを投稿すると、URLは「https://innovarth.co.jp/?p=123」のようになります。このURLの文末にある「?p=123」にあたる場所をパーマリンクと呼び、これを記事ごとに適切なものにしておく必要があります。

たとえば、今ご覧になっているこのページの場合、パーマリンクは「http:/ /innovarth.co.jp/seo/blog-seo.html」となっています。

このとき、パーマリンクは適当に決めるのではなく、コンテンツの内容が分かるように設定するようにしましょう。意味のない物を設定してしまうと、SEOの観点でペナルティを受ける可能性があるからです。

このページであれば、「ブログ SEO」のキーワードを狙ったコンテンツであるため、「blog-seo」がパーマリンクになるといった具合です。

ただし、日本語のパーマリンクはお勧めしません。word pressのバージョンによっては、404エラー(ページが存在しませんといったエラー)になったり、コピペしたときにエンコード(暗号化)されてしまい、URLが長くなったりしてしまうからです。

たとえば、このページのパーマリンクを「http:/ /innovarth.co.jp/seo/ブログseo.html」のようにしたとします。 ‎これをコピペすると、以下のように変換されてしまいます。

  • http:/ /innovarth.co.jp/seo/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0seo.html

この暗号のようなパーマリンクを、一度は見たことがあるのではないでしょうか。たとえSEOに詳しくない人であっても、検索エンジンの評価の観点から見て必ずしも良いとは言えないことを理解できるはずです。

そのため、パーマリンクは日本語ではなく、コンテンツの内容が一目で分かる英語、あるいはローマ字に設定することをお勧めします。

5.一目で分かるグローバルメニューを設定する

グローバルメニュー(ナビゲーションメニュー)を設定することで、ユーザーに対してコンテンツを探しやすくすることができます。また、ブログを観覧してくれているお客様に対して、確実に読んでほしい記事へ誘導することができます。

以下に、弊社が運営している「見積り外構工事」のグローバルメニューを記します。

グローバルメニューのイメージ

ナビゲーションメニューを設定することで、ユーザービリティー(使いやすさ)が向上するのはもちろんのこと、検索エンジンに対しても、重要な記事を知らせることができます。これだけで観覧数に大きな影響が出てくるため、グローバルメニューは必ず用意しましょう。

6.スマートフォンに対応しているか

2015年4月21日より、Googleは検索結果に「モバイルフレンドリー」と呼ばれる以下のような概念を導入しました。

Google では、4 月 21 日より、ウェブサイトがモバイル フレンドリーかどうかをランキング要素として使用し始めます。この変更は世界中の全言語のモバイル検索に影響を与え、Google の検索結果に大きな変化をもたらします。この変更によって、検索ユーザーは、クエリへの関連性が高く使用端末にも適した高品質な検索結果を見つけやすくなります。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 検索結果をもっとモバイル フレンドリーにより引用

ここでいう「モバイル」とはスマホなどの端末のことを指し、「それらに対応していなければ、検索順位に影響しますよ」といった意味になります。

たとえば、スマホであなたのブログを見たとき、パソコンと同じページではテキスト(文字)が小さすぎたり、リンク同士が近すぎたりして操作がしづらくなります。要は、ユーザーの視点になったときに、不便になる場合、検索順位に悪影響を及ぼすということです。

そのため、ブログを開設する際は、パソコンサイトだけではなく、スマホ用のページも用意しておきましょう。

word pressであれば、「レスポンシブ対応」と書かれたテーマを採用すれば問題ありません。これを「レスポンシブ・ウェブデザイン」と呼び、画面の大きさに合わせて自動的にパソコンやスマホに適したページに切り替えてくれます。

7.外部リンクについて

外部リンクについては、特に設定する必要はありません。良質なコンテンツを作成していれば、自然に被リンクがついたりSNSで拡散されるようになります。すると、そこからクローラーがあなたのブログに訪れるようになり、結果的に上位表示されるようになります。

また、現在のアルゴリズムではリンクも量ではなく、質を重視しています。つまり、どこのサイトから被リンクが送られているかということです。もちろん、優良サイトからも被リンク経由でクローラーが巡回してくれるようになります。

そのため、外部リンクに関しては考えずに、他を圧倒するほど質の高い記事を書く事だけに専念しましょう。

業者にお金を払ったり自作自演をしたりして被リンクを送る行為は無意味であり、逆にペナルティになるため、絶対に行わないでください。

8.404エラーの際に表示するページを用意する

404エラーとは、「ページが存在しない時に発生するエラー」のことを指します。また、その際に表示される画面のことを、404エラーページと呼びます。

たとえば、レンタルサーバーのカゴヤ・ジャパンであれば、以下のような画面が表示されます。

レンタルサーバーのカゴヤ・ジャパンの404エラーページ

あるいは、テキストのみの場合もあります。

レンタルサーバーのカゴヤ・ジャパンの404エラーページ

これらはユーザーに対して、「このページは存在しませんよ」ということを表しているのですが、これらが表示されるのは良くないといったことになります。

実際に、Google検索エンジンスターターガイドには、404エラーページに対して、以下のように述べています。

  • 404エラーページが検索エンジンにインデックスされないようにする
  • 「見つかりません(Not Found)」や“404”というあいまいなメッセージだけを表示する、 または404エラーページをそもそも用意しない、ということは避ける
  • サイトのデザインにそぐわない404エラーページは使わない

Google検索エンジンスターターガイドより引用

たとえユーザーが訪れたページが存在しないとしても、404エラーページを用意してあれば、他のコンテンツを読んでもらえる可能性があるため、必ず設置するようにしましょう。

9.できるだけ広告は貼らない

ブログで集客する場合、できる限り広告を貼るのは避けたほうが無難です。競合他社の出している広告に誘導されてしまう可能性があるからです。

ウェブ上の広告は、ユーザーに最適なものが表示されるようになっています。実際に、Googleで検索をしたとき、それに関する広告が出てきたり、アマゾンや楽天で商品を見た後にその製品の広告をいたるところで見かけるはずです。

広告費で多少は稼ぐことはできますが、自社の商品を買ってもらったり、サービスを利用してもらったりするほうがはるかに儲かります。

そもそも、ユーザーは検索したコンテンツの内容のみを知りたがっています。コンバージョン率を高めるために、広告を貼るのは控えましょう。

コンテンツを作成する際に気を付けるべき11項目

前項では、ブログのSEO効果を最大限にするために必要な内部構造について詳しく解説をしてきました。

この項では、実際にコンテンツを作成する際に、気を付けなければいけないポイントを11項目にまとめました。これから記事を作成する際は、毎回これを確認してから公開するようにしましょう。

なお、検索結果で上位表示させるためには、検索エンジンだけではなく、ユーザーに評価されることを最優先に考える必要があります。これができて初めて、SNSで拡散されたり、他のブロガーさまのブログで紹介してもらえたりします。

その結果、クローラーが頻繁にあなたのブログに訪れるようになり、検索上位を独占できるようになります。

10.文字数やコンテンツの数は関係ない

弊社への相談の中で、以下のお問い合わせは非常に多いです。

  • どれくらいの文字数で書けばよいでしょうか
  • コンテンツはいくつ作成すればよいでしょうか

正直申し上げますと、このようなことを言っていてはアクセスを集めることはできません。これらはあくまでも自分本位の考えであり、ユーザーのことを何も考えていないからです。

コンテンツマーケティングを成功させるためには、サイトを観覧してくるお客様のことを常に考える必要があります。これは実際のビジネスの本質であり、ここを重視できない企業は長く続くことはありえません。

そのため、記事を書く際は、ユーザーが求めている内容に対して、120%の満足感を与えなければいけません。

たとえば、あなたが検索をして調べ事をするとき、色々なブログを見て情報を探すはずです。その中で、「良いこと」を書いてあったり、その問題が解決するような「ためになること」が記載されたりしていなければ、すぐにそこのサイトから離脱するのではないでしょうか。

そうではなく、「この情報があったら喜ぶのでは?」「ここについての注意点が書いてあればためになるのでは?」といったように、なぜそのキーワードで検索をしてまで知りたいのかを考え続ける必要があります。

コンテンツを作成する際は、常にユーザー目線で物事を考える癖をつけてください。これができるかどうかだけで、あなたのブログの読者は数は大きく変わります。

11.カテゴリーは適切か

コンテンツページを作成する際、カテゴリーを設定する必要があります。カテゴリーとは、同じ分類・分野・ジャンルのことを指し、記事ページを作成する際に指定するものです。

このページであれば、「seo」の部分がコンテンツの属しているカテゴリーになります。

  • https://innovarth.co.jp/seo/blog-seo.html

コンテンツをカテゴリーに分類する際は、同じ分野・ジャンルかどうかを確認するようにしてください。

たとえば、犬の記事を書いているにも関わらず、seoのカテゴリーにそのコンテンツページが属していたとしても意味がありません。そうではなく、犬の記事を書くのであれば、「dog」などのカテゴリーを用意したうえで、そこに同じ種類のコンテンツを入れていくようにしましょう。

一つ一つコンテンツページが上位表示されるようになれば、それらをまとめているカテゴリーページも検索上位に出てくるようになります。コンテンツページからカテゴリーページへ、頻繁にクローラーが訪れるようになるからです。

カテゴリーページではミドルキーワード(月間検索数500~3,000)を狙うため、ここで上位表示を達成できれば、それだけで莫大なアクセスを見込めます。そのため、必ずカテゴリーが適正かどうかを調べてから記事を公開するようにしましょう。

12.1コンテンツ1キーワードで書いているか

コンテンツを作成する際、1記事に対して1つのキーワードを設定するのが鉄則です。もし、欲張って複数のキーワードを入れたとしてもそれは全くの無意味なのでやめてください。

たとえば、この記事であれば「ブログ SEO」というキーワードで上位表示させるためにこれに特化したコンテンツを作成しています。もし、欲を書いて他のキーワードを盛り込んでしまうと、その瞬間にユーザーから見られなくなってしまいます。

このページを見てくれているお客様はあくまでも、「ブログのアクセスを集めるためのSEO対策を知りたい」と考えている人であり、その他の情報に興味がないからです。

そのため、ここでもユーザーのことを第一に考えて、1コンテンツ1キーワードを徹底するようにしましょう。

13.写真や図、表を入れているか

テキストだけでも十分に説明ができる内容であれば、それは問題ありません。

ただ、写真や図、表などを入れなければ説明しづらいのであれば、必ず入れるようにしましょう。特に、食べ物やアパレルなど、これらは文字で書いてあるよりも、写真を多用したほうが圧倒的に理解が深まります。

面倒くさい作業であり、時間や労力はかかりますが、その分ユーザーにとって親切なブログに成長します。また、ライバルが同じようなコンテンツを作成する際、「これだけ手間がかかっている記事を作成するのは大変だな」と思わせることができれば勝ちです。

圧倒的な参入障壁(さんにゅうしょうへき:新規参入しづらくすること)を築き上げることができるからです。もし、テキストだけの低品質な記事であれば、誰でも作成することができるため、参入障壁は低くなってしまいます。

これができるかどうかだけでも、競合他社との差別化になるため、確実に抑えておきたいポイントです。

14.信ぴょう性はあるか

これはいわゆる「ソース」と呼ばれるものであり、なにを根拠に記事を書いているのかが重要ということです。そのため、あなたの妄想や思い込みだけでコンテンツを作成したとしても、信ぴょう性がないので反響はおきません。

そこで、新聞やニュース、書籍などの確かなソースを元に、あなたの意見を述べたり解説したりすることで、それはオリジナルコンテンツへ生まれ変わります。これであれば、信ぴょう性があり、読んでいて面白い記事になります。

15.コピペは論外

そもそも論として、競合他社のサイトや書籍などからコピペ(コピー&ペースト)をするのは絶対に行わないでください。これは検索エンジンにすぐにばれてしまい、あなたのブログに大きなペナルティが科せられるだけのリスクしかないからです。

ネット上の情報や書籍はあくまでも参考程度にして、それらの内容をあなたの中に落とし込んでからコンテンツを作成してください。あなたという名のフィルターを通すことで、それの情報はオリジナルコンテンツへ生まれ変わり、ウェブ上では新たな価値が見出されることになります。

16.タイトルは28文字以内

記事のタイトル付けを行う際、28文字以内でつける必要があります。Googleはタイトルの長さを28字以内にすることを推奨しているからです。そのため、28文字を超えるタイトルの28文字以降は「……」となり、表示されなくなってしまいます。

たとえば、この記事のタイトルは「今すぐできるブログのSEO効果を最大化させる24の項目」であり、27文字となります。これは、Googleが推奨する文字数以内です。これがもし、28文字を超えてしまうと、タイトルが途中で途切れて、それ以降は「……」となってしまうということです。

このようなリスクを防ぐためにも、タイトルは28字以内に徹底するようにしましょう。参考までに、「タイトル文字数カウント君!titleテキストの長さをSEO的に調整しよう」のページで文字数を確認することができるので、タイトルを作成する際はここで数えながら行うとやりやすいです。

なお、タイトルをつける際は、コンテンツ内に書かれている内容とベネフィット(得られる利益)が一目で分かることが望ましいです。

17.見出しタグを適切に使っているか

記事を書くとき、だらだらと文章を書くだけではいけません。しっかりと見出しを入れて、ユーザーに対して「今何についての話をしているのか」を明確にする必要があります。これがなければ、どれだけ有益な情報がまとまっていても読みづらいため、ブログを観覧してくれているお客様が離脱してしまいます。

見出しがあるパターンとないパターンのイメージ

また、この見出しはユーザーに対してだけではなく、クローラーに重要なポイントを伝える大きな役割があります。これは、「見出しタグ」と呼ばれるものでその重要度を示します。見出しタグは<h1>から<h6>までの6種類あり、数が小さいほど重要であることになります。

ただし、word pressの場合、h1はタイトルに設定されているため、見出しは<h2>から使用するようにしましょう。以下に、<h2>から<h6>までの見出しのイメージを記します。

見出しタグの大きさのイメージ

なお、見出しには適切な順番があるため、適当に使用してはいけません。

たとえばword pressの場合、<h1>はタイトルであるため、<h2>見出しから使用します。このとき、<h2>の次は<h3>、その次は<h4>といったように配置する必要があります。

ただし、見出しが増えるごとに見出しタグの数字が大きくなるのではありません。

要は、ブログの構造と同じように、一つの見出しに対して掘り下げて解説したい場合、親となる見出しに対して、小見出しを作成していくイメージです。

そのため、word pressであれば、基本的に<h2>の見出しタグで見出しを作成していき、深く掘り下げたい場合は<h3>、<h4>といったように階層を作っていくようにしましょう。これに関しては、このページの目次をみれば見出しタグの適切な使い方が分かります。

正しい見出しタグの使い方のイメージ

これにより、ユーザーと検索エンジンの両方に対して、分かりやすいコンテンツになります。

18.アンカーテキストは適切に設定されているか

アンカーテキストとは、他のブログやサイトにリンクを飛ばすときに、「どのようなリンク」あるいは「リンク先」なのかを示すテキストのことです。タグでいうと、<a href=”リンク先のURL”>●●●</a>の「●●●」の部分に入るテキストのことです。

たとえば、このページにリンクを貼る際に設定するアンカーテキストは、「今すぐできるブログのSEO効果を最大化させる24の項目」となります。

コンテンツ内にアンカーテキストを挿入するときには、以下の内容に注意するようにしましょう。

  • 「ここをクリック」のようなテキストは避ける
  • リンク先の内容とは関係のないテキストは避ける
  • リンク先のURLをアンカーテキストとして使用しない
  • できるだけ短く、分かりやすいアンカーテキストにする
  • リンクであることを一目で分かるように設定する

Google検索エンジンスターターガイドより引用

19.画像ファイルは最適化されているか

コンテンツに画像を挿入する際、ファイル名やaltテキストも最適化しておく必要があります。

ファイル名に関しては、「image1.jpg」や「1.jpg」などの一般的なファイル名を使用せずに、山であれば「mountain」、海であれば「sea」のようなものにしましょう。

一方、altテキストとは「代替えテキスト」のことであり、画像が表示されなかったときに、代わりに表示されるテキストのことを指します。また、クローラーは写真や画像が何なのかを完全に認識できないため、altテキストを設定して、「どのような画像なのか」が分かるようにしておく必要があります。

20.推敲を行う

推敲(すいこう)とは、作成したコンテンツをすぐに公開するのではなく、記事の内容を何度も考え、場合によっては文面を増やしたり、大きく削ったりする作業のことです。これを行うことで、誤字脱字を発見するのはもちろんのこと、おかしな言葉や意味の解らない箇所を見つけ出すことができます。

このとき、単に文章を見直すだけではなく、声に出して読み上げると良いです。音読することで、記事の中に隠れている違和感を感じ取ることができるようになります。

これを行うことで、あなたが作成したコンテンツは洗礼され、ユーザーにとって読みやすい良質な記事が完成します。

ちなみに弊社では、「SofTalk(そふとーく)」というソフトを使い、作成した記事を音声にして推敲をしています。コピペをするだけで、iPhoneのsiriのように文章を読み上げてくれます。これであれば、静かなオフィスや出先であったとしても、イヤフォンさえしていれば音読にて文章を見直すことが可能になります。

SofTalkのダウンロードは「SofTalkのホームページ内にあるダウンロードページ」から行うことができます。

コンテンツを公開する前に確認すべき2つのポイント

サイトの構成と記事の作成方法が分かったところで、最後にコンテンツを公開する前に確認すべき2つのポイントを紹介していきます。

21.タイトルは適切か

どれだけ質の高いコンテンツを作成したとしても、見られなければそれに価値はありません。そのため、検索エンジンからユーザーを大量に流入するためには、思わずクリックしたくなるようなタイトルが求められます。

たとえば、このページはブログのSEO対策について書いた記事ですが、以下のタイトルの内、どちらをあなたは「読みたい」と感じるでしょうか。

  1. ブログのSEOについて
  2. 今すぐできるブログのSEO効果を最大化させる24の項目

これは言うまでもなく、明らかに後者の方が「読みたい」と感じるタイトルであることを理解できるはずです。これと同じように、タイトルをつける際は、それだけでコンテンツの内容が分かるようなものにしましょう。

関係のないキーワードを含めたり、分かりづらいと感じさせたりするようなタイトルの場合、見直す必要があります。

コンテンツの中で、タイトルが最も重要です。そのため、検索エンジンに対しても、何についての記事を書いているかが分かるように、キーワードを含めた分かりやすいタイトルをつけてください。

なお、「16.タイトルは28文字以内」の項でも述べた通り、タイトルは28文字以内にしてください。

22.メタディスクリプションの設定はできているか

メタディスクリプションとは、検索結果のタイトルの下に一緒に出てくる説明文(概要)のことを指します。これを見てそのサイトを観覧するかどうかを決めるユーザーは非常に多いため、全ての記事を一つずつ設定しておく必要があります。

word pressであれば、「All in One SEO Pack」というプラグインをインストールするだけで、簡単に実装することができます。

まとめ

このページでは、ブログの内部構造からコンテンツの作成時の注意点、さらには公開する前に確認すべき内容まで、余すことなく解説してきました。ここで紹介したことを一つ一つ確実に行うことで、あなたが運営しているブログへ莫大なアクセスが集まるようになることでしょう。

そして、多くのユーザーが訪れてくれるようになった際には、そこであなたの商品やサービスを簡単に販売できるようになります。コンテンツマーケティングを成功させることができれば、広告費を1円も使用せずに優良顧客を毎日、大量に獲得することができるようになるのです。

実際、弊社はPPC広告などを一切使用していないにも関わらず、常に新規お客様のお問い合わせが絶えることはありません。また、ここで獲得したお客様はリピーターへと変わっていきます。

最後に確認として、最も重要なのは、良質なコンテンツを作り続けるだけです。これさえできれば、特別なことをしなくてもアクセスは必然的に増えてきます。そのため、結果が出るまであきらめずに、コツコツとユーザーのためになる良質なコンテンツを作り続けてください。

イノバース
イノバースでは、LINE@でブログには書けない最新のアクセスアップ(SEO)方法や稼ぎ方を無料で配信させていただきます。

ぜひ、以下よりご登録ください。

友だち追加

無料メールマガジンにて、「ブログで稼ぐための全手順」を公開中

以下にいつも使っているメールアドレスを
正しくゆっくり入力し『登録ボタン』をクリックしてください。

メールアドレス
※必須※