The following two tabs change content below.
ブログを効率よく運営して、集客や収益化(マネタイズ)を全自動化させることが最も得意。たった1つのブログで、年間1億2,000万円を動かすまでになりました。かわいい愛娘が1人いて、現在子育てに奮闘中! ⇒詳しいプロフィールはここをクリック

お金持ちになりたいのであれば、あなた自身が働く「労働収入」ではなく、他人の力を借りて「権利収入」を得るようにならなければいけません。

ただ、お金の教育を受けていない私たちにとって、この違いやその方法が分かる人は少ないです。

そこでこのページでは、お金を稼ぐために必要な知識である「キャッシュフロークワドラント:ESBI」について解説していきます。これは、「金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント」という世界的に有名な書籍で解説されているお金の基礎知識です。

これを学ぶだけで、どのようにすればお金持ちになれるのかが手に取るように分かるようになります。権利収入を手に入れる方法が分かるため、同時に自由な時間の作り方も学べます。

注意

この話を用いて、マルチ商法(連鎖販売取引、MLM、ねずみ講)に勧誘してくる人は驚くほど多いため、騙されないようにしましょう。

キャッシュフロークワドラントの「ESBI」とは

キャッシュフロークワドラントの「ESBI」とは、私たちが収入を得るための4つのモデルのことを指します。具体的には、以下の4種類であり、それぞれの頭文字を取ったものが、「ESBI」です。

  1. E = employee(従業員)
  2. S = self employee(自営業者)
  3. B = business owner(ビジネスオーナー)
  4. I = investor(投資家)

お金持ちになれる人は、業種に関係なく、全ての人が以下の図の右側に属しています。

キャッシュフロークワドラントESBIのイメージ

私たちは必ずこの4つのどれかに属しており、どこに入っているのかでお金を稼げるかどうかが決まります。

たとえば、従業員やアルバイトをしている人はもちろん、企業の社長や不動産などに投資をしている人など全ての人を含みます。

実は、お金を稼ぐことができていない人の場合、必ず左側の「従業員」か「自営業者」のどちらか一方に属しています。

一方、お金持ちは右側の「ビジネスオーナー」あるいは「投資家」です。今現在、あなたがESBIの図の左側に属している場合、それがお金持ちになれない理由です。

これらの最大の違いは、「自力」で稼いでいるのか「他力」を使ってお金を生み出しているのかの差でしかありません。左側が「自力」で右側が「他力」です。

自力で稼ぐとは

自力とは、自らが動かなければ収入が発生しない人のことを指します。具体的には、「時間」と「体(労働力)」の対価としてお金を受け取ります。そのため、これは労働収入であるといえます。

たとえば、先に挙げたアルバイトやパートタイマー、従業員、自らが働くことで稼ぐ個人事業者のことです。

「なにか儲かる仕事はないかな」「もっと給料が良い会社はないかな」と考えている時点では、お金持ちにはなれません。自分自身で稼ごうとしているため、収入が頭打ちになる上に、最終的に時間まで無くなってしまうからです。

他力で稼ぐとは

一方、他力とは、あなた自身が働かなくてもお金を生み出し、それを収入へと変えることができる力のことです。

たとえば、社長が働かなくても収益が上がる会社の経営者や、家賃収入のある不動産オーナーのことを指します。

お金を稼ぐことができる人は、自分で仕事をしようとはせずに、他人の力を貸してもらって有効利用することができるから大きなお金を動かすことができます。そして、自由な時間も生まれます。

今まさにあなたが見ているこのサイトも他力であり、構築した後は放置で自動的に収益が発生する仕組みになっています。これが不動産である場合、所有しているだけで家賃収入を得ることができるため、他力です。株や会社も同じです。

要するに、お金を生み出す資産です。これらを要約すると、以下のようになります。

  • 左側に属している「従業員」と「自営業者」は自力で稼ぐしかないから収入は頭打ちになり、自由な時間がない
  • 右側に属している「ビジネスオーナー」と「投資家」は他力を活用して大金を稼げる上に、時間を自由に使える

極端な話、「サラリーマンの思考」か「オーナー思考」の違いであるといえます。そのため、お金持ちになりたいのであれば、他力を活用するビジネスオーナーや投資家の思考を身に着ける必要があります。

他力を使ってお金を稼ぐことができるようになれば、お金持ちになれる上に自由な時間を手に入れることができるのです。

とはいえ、これだけの説明では理解しづらいため、一つずつ順を追って解説していきます。それぞれの違いをしっかりと認識して、右側のビジネスオーナーや投資家になるための考え方を身につけましょう。

E = employee(従業員)の特徴

これは見て字の如く、会社に努めている従業員のことを指します。また、アルバイトやパートタイマーもこれに含まれます。企業の規模に関係なく「雇われることで給料をもらっている人」は全員これに属していると考えてください。

たとえば、時給や日給、あるいは月給が決まっている人は従業員であるといえます。基本的な給料の指標があれば、労働時間を乗じるだけで働かなくてもおおよその収入を予測することができます。

基本的には、「時間」と「労働力(体)」を対価に収入を得るため、お金と時間に余裕がないのが特徴です。歩合制でない限り、どれだけ頑張って働いても収入は上がりません。

特徴を一つずつ見てみましょう。

時間を対価として収入を得るため、時間がない

従業員である以上、出勤時間が決まっているため、会社に拘束されている時間が長いです。そのため、勤務中に自由な時間はほとんどありません。

仕事がある以上、遊びに行ったり休んだりすることは難しいです。仮にやることがないとしても、勤務時間内はそこにいなければ給料は発生しません。

労働力を対価として収入を得るため、頭打ちになる

前述の通り、時給や日給、月給が決まっている場合、歩合がない以上収入は頭打ちになります。

そこで、多くの人は残業をして給料を増やそうとしますが、基本給を上回るほど稼ぐことは不可能に近いです。仮に倍以上稼ぐのであれば、あなたがもう一人必要になるでしょう。

また、アルバイトをしようとしても、本業に時間がとられてしまうため、副業で稼ぐのにも限界があります。

人生の主導権の全てを努めている会社が握っている

だれかの会社に勤めているということは、当然のことながら人生の主導権は企業側にあります。

たとえば、給料の上げ下げや出張、転勤、最悪の場合、リストラされてしまう可能性もあります。また、有休を消費すれば多少の休みを取ることはできますが、基本的には勝手に休んだり遊んだりすることはできません。

S = self employee(自営業者)の特徴

自営業者とは、個人経営をしている人のことを指します。

たとえば、職人でいえば一人親方のことを指し、独立して自分自身で仕事をこなし、そこで発生した売り上げを給料にできる人がこれです。

要は、仕事の受注から業務の全てを1人で行う人のことを指します。

先に解説した従業員の場合、どれだけ働いても給料は上がらなかったのに対して、自営業者は働いた分だけの収入を得ることができます。

特徴は以下の通りです。

従業員よりも自由な時間が少ない

従業員と同じように、自営業者も時間の対価として収入を得ます。

ただ、自営業者の場合、働いた分だけお金を手にすることができますが、その分働く時間が長くなります。働かなければお金になりませんし、稼ぐには寝る間も惜しんで働かなければいけないからです。

与えられた仕事をこなす従業員と異なり、納期があればそれをこなさなければいけません。それに合わせるとなると、どうしても時間が必要になるため、朝から晩まで働く必要があります。

そのため、稼げるようになると、その分だけ忙しくなるため、「ESBI」の中で最も時間が必要な収益モデルであるといえます。働かなければいけない時間は決まっていないものの、お金を稼ぐためにはその対価として大切な時間が大量に必要です。

自らが働かなければいけないため、収入が頭打ちになる

忙しくなれば稼げるようになるといっても、体一つで稼ぐには限界があります。そのため、自営業者のままでは収入が頭打ちになってしまいます。たとえ24時間寝ずに働いたとしても、こなすことができる業務に上限があるからです。

たとえば、月商100万円程度であれば、簡単に達成することができます。ただ、月商1,000万円稼ぎ、年商1億を超えるのは至難の業であるといえます。

また、「もっと稼ぎたい」と思ったとしても、働いて稼ぐ以外方法はないため、時間は無くなる一方です。

このとき、「稼ぐため」に独立したとはいえ、休む暇なく働いていることに気づき、「稼げるが、そもそも死ぬほど働きたかったのか?」といった原点に行きつく人はたくさんいます。

これが原因で、たとえお金を手にすることができたとしても、それを使う時間を確保できないため、有効活用できずに無駄遣いしてしまう人が多いです。中には、個人で仕事をするのに疲れ、従業員に戻る人もいるほどです。

仕事が大好きで、働いていることが何よりも幸せに感じる人であれば、このポジションが良いかもしれません。

しかし、お金と同時に「時間」を手に入れたい場合、今すぐに後から紹介するビジネスオーナーや投資家に属する必要があります。

病気やケガで仕事ができなくなった瞬間に収入がゼロになる

先に解説した従業員と自営業者の最大の違いは、「ある程度の人生の主導権を握ることができる」ということです。

たとえば、業種やビジネスモデル、休みの有無、作業時間などの決定権があります。

ただ、自営業者はあくまでも「自分自身が働いてお金を稼ぐ」収益モデルです。そのため、仕事をしない限り収入が発生することはありません。

従業員と比べてある程度の自由がある分、倒れて仕事ができなくなった場合、その瞬間に収入がなくなってしまうため、安定を考えるとリスクが大きいです。

B = business owner(ビジネスオーナー)の特徴

ビジネスオーナーとは、自動的に収益を生み出す会社などを所有しているオーナーのことを指します。現場に出ることなく、生み出されたお金を手にすることができる「権利」を持っている人のことです。

つまり、所有している会社からの「権利収入」を得ることができる人のことを指します。

たとえば、従業員がいて業務の全てをその人たちだけで回し、収益を発生する企業を所有している社長はビジネスオーナーであるといえます。もちろん、業種にかかわらず、整骨院や美容室、エステなど、全てのビジネスにおいて発生した収益を得る権利があればここに属します。

また、ブログやウェブサイトを所有していて、そこから発生した広告収入や成果に対する報酬を得る権利がある人もビジネスオーナーです。

要は、個人事業者のように自らが働かなくても、収益を発生させる仕組みを所有している人が、ビジネスオーナーであると考えてください。

権利収入を得ることができる

前述の通り、ビジネスオーナーは権利収入を得ることができます。

ESBIの図の左側に属している従業員や個人事業者の場合、時間や労働力を対価として報酬を得ているのに対して、ビジネスオーナーはお金を生み出す仕組みを持っているだけで、収入をえることができるのです。

ただし、当然のことながら、なにもせずに権利収入を得ることができる程、人生は甘くありません。お金を生み出すための基盤を作るために、時間とお金を投資して収益を発生させる仕組みを構築しなければいけないからです。

たとえば、会社のオーナーになるためには、自営業者からビジネスをスタートさせ、会社組織にした後に任せられる優秀な従業員に託す必要があります。ここまで来て初めて、社長がいなくてもビジネスが動くようになり、そこから発生する収益を獲得する権利が与えられます。

また、ブログやウェブサイトで収益を発生させたい場合、アクセスが集まるように作り込む必要があります。

ただ、これらは当たり前のことですが、自分のことになると仕組み作りをしなければいけないという思考が抜け落ちてしまいます。そして、「楽に」「簡単に」という甘い言葉に誘われてしまい、騙されてしまうパターンが多いです。

しかし、この世の中にはどこを探しても楽に稼ぐ方法はないと考えてください。もしあるとすれば、それは詐欺であり、これは腐るほど存在するので多くの人が騙されてしまうことに気付く必要があります。

そのため、面倒な基盤づくりができない人はビジネスオーナーにはなれません。

逆を言えば、この基盤づくりさえできてしまえば、その仕組みから発生した収入を受け取る権利はあなたのものになります。従業員や個人事業者のように働かなくても、自動的にお金が振り込まれてくるようになるのです。

そして、一つのビジネスでこの自動収益化の仕組みを確立できた後は、別の事業を展開すれば収入は増え続けます。また、収入源を一つにしないことで、リスク分散にもなるため、お勧めです。

他力を活用するため、時間がある

先に述べた通り、従業員や個人事業者が「自力」で収入を得るのに対して、ビジネスオーナーと後から解説する投資家は「他力」を活用してお金を生み出します。この他力をさらに分かりやすく解説すると、自分以外の力を利用するということです。

たとえば、会社オーナーの場合、実際の業務は従業員が動かすので他力です。社長自身が働かなくても、稼いだお金を受け取る権利があります。

その他にも、ブログやウェブサイトも一度仕組みを作り上げてしまえば、後は全て自動化することができます。お客様が勝手に閲覧してその中からお問い合わせやメールアドレスの登録をしてもらうために働き続けてくれます。

実際に、私が運営している「見積り外構工事(庭の工事をしたい人と業者をマッチングさせるサイト)」では、今ではほとんど更新していないにも関わらず、日に日にアクセスは増え続けています。これに従い、お問い合わせと工事の契約件数も増加しています。

毎日5,6件以上のお問い合わせをいただき、年間で1億円以上もの工事の契約を受注できています。

仕組みとしては、集客はお客様が勝手に記事を検索してくれて、読み込んでくれた後にお問い合わせを獲得しています。あとは、提携している業者に丸投げするだけです。その後は、業者が現地調査や見積もりの作成をしてくれて、それで契約が決まれば手数料をいただくことができます。

これを、マッチングビジネスと呼びます。これについてさらに詳しく知りたい場合、以下の記事をご覧ください。全手法を余すことなく公開しています。

サイトだけで億を稼ぐマッチングビジネスの成功例モデルとは

2016.10.05

今では、お客様を業者に紹介する業務も他人に任せているため、私は何もしなくても権利収入を得ることができています。

つまり、会社組織にして従業員に任せているのです。

そのため、時間に縛られることなく、自由に過ごすことができます。極端な話、旅行に行ってる間や飲み会をしている時であっても、お金を生み出し続けてくれているのです。

こう考えると、仕組みを構築するのは大変ではあるものの、その後に待っているお金や時間のために努力する価値は十分すぎるほどといえるでしょう。

I = investor(投資家)の特徴

投資家とは、株や不動産、外国為替取引(FX)など、さまざまなものに投資をして利益を得る人のことを指します。投資した金額よりも大きなお金を生み出し、その差額を収入へと変えることができる達人であるといえます。

たとえば、1,000万円の投資をして、それが1,100万円で売れれば、たったこれだけで100万円の利益を得ることができるということです。

また、株や不動産に投資をした場合、株を所有している会社が成長すれば配当を受け取ることができますし、不動産であれば家賃収入を得ることができます。また、株や不動産の価値が購入した時よりも上がったときに売却すれば、その差額の利益を得ることもできます。

自らが働かなくても、お金を生み出してくれるものへ投資することで、収益を発生させることができるのが投資家です。

また、投資家はビジネスオーナーと同じように、他人の力に投資してお金を稼ぐため、収入に上限がありません。

あらゆるビジネスのオーナーになることができる

投資家になることができれば、あらゆるものに投資することができます。

たとえば、不動産投資をしてアパートやマンションを購入した場合、オーナーになります。また、会社を買収して自分のものにすれば、その会社のオーナーになることができるのです。

その他には、ブログやウェブサイトの作成に投資をして、権利収入を得ることができるようになればこれもまたオーナーであるといえます。

ただ、これらは潤沢な資金や経験、そして知識がなければ利益を上げるのは難しいです。それどころか、大赤字になってしまいかねません。

キャッシュフロークワドラントのESBIの中で、最小の労力で大きなお金を生み出すことができる代わりに、「利益が発生する投資物件を見極める能力」を有していることが必須条件となります。

とはいえ、投資家になって出資したビジネスが拡大すれば、後は何もしなくてもそこから権利収入を得ることができます。

そもそも、いきなり億というお金を動かすわけではなく、数万円からの投資であってもそこから利益を生むことができれば問題ありません。

小額から投資を繰り返していくことで、次第に「目の肥えた投資家」に近づいていくのです。

そして、投資で発生した収益をまた別の事業に投資をすれば、元手をかけずにお金を生み出す資産を増やすことができるのです。

お金持ちの人がますます裕福になる理由

後は、様々なビジネスに投資をして収入を得る権利をたくさん所有することができれば、自動的にますますお金持ちになっていきます。

お金持ちの人のお金の流れ

時間を自分の好きなことに使うことができる

投資家の仕事は、お金を生み出すモノへ投資することです。そのため、取引をしているとき以外は時間を自由に使うことができます。

また、投資によって収入を得る権利を獲得することができれば、後は自動的にポケットにお金が入ってくるのを待っているだけです。

たとえば不動産の場合、所有している物件が勝手に家賃収入を稼いでくれます。また、購入したときよりも、価格が高騰した場合、売却して差額を利益として得る方法もあります。

一方、これが株であっても同じです。成長するであろう会社の株を購入することで、良い業績が上がれば配当を受け取ることができます。また、企業が大きくなったところで、株価が上がっていれば売却するのもありです。

これらのことから分かる通り、投資家が行っているのはお金が増えるであろう場所に投資をしているだけです。そのため、それ以外の時間は自由であり、あなたがやりたいことを行うことができます。極端な話、学生よりも時間的余裕が生まれます。

ただし、時間があるからといって、遊び続けた瞬間に財産を失うことになります。

権利収入とはいえ、それを維持管理できなければ、いずれ廃れてしまうからです。実際に、JALが経営破たんしてしまったように、どれだけ優秀な企業であってもいつ何が起こるか分かりません。

そのため、少しうまくいったからといって、途中で投げ出してはいけません。

リスク回避をするために、常に管理をして別のビジネスに投資をしてリスク分散する必要があります。そこで権利収入を得ることができるようになれば、収入を生み出す資産が増える上に他の投資がダメになったときの穴埋めになるからです。

実際に、成功している投資家はあり余った時間の全てを使って遊ぶのではなく、更なる投資をして資産を拡大し続けています。大金を手にした後で、最後に贅沢をしているのです。

この手法であれば、お金を使っても投資で得た不労所得がその使用した分を穴埋めしてくれるため、常にお金持ちでいることができるのです。

このことからも分かる通り、あなたが本気で「お金持ちになりたい」と考えるのであれば、自力で働く労働収入をしていてはいけません。そうではなく、他人を利用してお金を稼ぐ権利収入を得ることだけを考えるようにしましょう。

労働収入と権利収入を理解する

キャッシュフロークワドラントESBIのイメージ

何度も解説している通り、ESBIの決定的な違いは「労働収入」か「権利収入」の違いだけです。もっと言えば、「自力」か「他力」の差であるといえます。

つまり、収入を得る方法です。

「お金持ち」と呼ばれる人は、必ずESBIの図の右側の権利収入を持っています。

ただ、これを知っているだけでは意味がありません。そこで、この項では理解して行動に移すことができるように、労働収入と権利収入の違いを解説させていただきます。

労働収入型とは「自力」で稼ぐこと

労働収入型の場合、本人がプレイヤーとして働いて稼ぐこととイコールです。

労働収入型で収入を得る場合、あなた自身の時間と労働力の対価としてお金を稼ぐため、時間が無くなる上に、収益が頭打ちになってしまいます。

たとえば、職人として独立した場合、たった一人では請け負える仕事に限界があります。たとえ寝る間も惜しんで労働したとしても、収入に上限があることを理解できるはずです。

仮に、月商100万円の売り上げを上げることができたとしても、労働収入では自由な時間はほぼありません。それどころか、これは本人が倒れた瞬間に収入が0になるため、非常に大きいリスクがあるといえます。

権利収入型とは自分以外の「他力」で稼ぐこと

一方、権利収入型の場合、本人がプレイヤーとして働くのではなく、「他人の力」を上手に活用してお金を稼ぎます。

たとえば、先ほど上げた職人の例を挙げると、本人が現場で仕事をするのではなく、腕の良い従業員を雇い、彼らにやらせます。

また、不動産や株を購入して、あとはそれらが自動的に収益を発生させてくれるため、これもまた優秀な従業員に働いてくれているようなものです。30部屋ある不動産を所有していて空室がない場合、単純に30部屋分の家賃収入を得ることができます。

これが弊社の場合、ブログを含むウェブサイトが勝手にお客様を集めて、そこから自動的に収益を発生させています。月額数百円程度から運営を始めることができるため、不動産投資や株のように最小のリスクで始めることができるのが最大の魅力です。

また、原価がかからないので売り上げのほとんどが利益になります。これは不動産や株ではありえない話であるため、初心者はここから始めるべきです。

もちろん、構築するためには時間がかかりますが、一度仕組みが出来上がってしまえば後は放置でお金を稼ぎ続けてくれます。そのため、これ以上にない他力であるといえます。

その他にも、ありとあらゆる他力を活用してお金を稼ぎ、そこで発生した収益を獲得する権利を持っているのが権利収入型の特徴です。あなたのために他人が頑張ってお金を稼いできてくれるため、時間も自由に使うことができます。

オーナー思考になるためには、とにかく他力を活用することだけを考えてください。もっと言えば、あなたができることを他の人に任せたり、教えたりしてあなたの「分身」を作ることができればよいです。

極論を言えば、あなた自身が顔を出して話をする以外の作業は、他人に任せて全てを自動化することをお勧めします。具体的には、仕事ができる従業員を育てたり、外注をフル活用したりして、あなたはその支持を出すことに労力を使うようにしましょう。

他力を使いこなすには圧倒的な努力が必要

単純に考えると、「他力を活用して稼ぐだけ」でよいため、簡単なように思えるはずです。

しかし、そのためにはあなた自身が圧倒的に努力をして、他の力を利用する力を身に着ける必要があります。

他力を使いこなすための5つのステージ

ここまで、「他力」を利用することがいかに重要であるかを解説してきました。

しかしながら、これは知っているだけでは意味がありません。

「いいこと聞いたな」程度の知識で終わらせるだけでは自力から抜け出すことはできないからです。そのため、必ず人に教えることができるレベルに達する必要があります。

  1. 知っている
  2. 理解している
  3. 行動している
  4. できている
  5. 人に教えている

つまり、他力を活用するためには、1~4の段階を経て、5番目まで達しなければいけないのです。人に教えることができなければ、従業員を雇うことはできませんし、外注先に業務を依頼することもできないからです。

逆にいえば、人に教えることができれば、他人を動かすことができます。あなたは指示を出すだけでよいため、後は権利収入が入ってくるのを待つだけです。

そのためには、まずは知るところからはじまり、それを理解しなければいけません。そして、それを行動に移し、できるようになるまで最後まで諦めない根性と努力が必要であるということは忘れてはいけません。

あなた自身ができるようになった後は、それを人に伝えることに徹します。その結果、他力を使えるようになり、「ESBI」の右側のビジネスオーナーや投資家の仲間入りを果たすことができるのです。

知っている知識や技術を出し惜しみなく他人に教えることの重要性

ESBIの左側に属しているサラリーマン思考の人の場合、知識や技術を自分だけに止めてしまいます。これが原因で、自らが働く労働収入しか得ることができないのです。

一方、右側に属しているオーナー思考のある人は、良いことを聞いたり身に着けたりした場合、すぐに周りの人間に教えようとします。マニュアルや社内教育がまさにこれです。

社員やお付き合いしている人のレベルが上がれば自分に返ってくるリターンが大きくなることを知っているからです。これにより、自らが働かなくても周囲の人が動いてくれるため、権利収入はますます増えていきます。

これがビジネスオーナーや投資家の考えであり、本当の意味でお金持ちになりたいのであれば、権利収入を得ることができるように努力する必要があります。具体的には、「B:ビジネスオーナー」か「I:投資家」に属することを考えてください。

なお、自営業者からどのようにしてビジネスオーナーになる方法を知りたい場合、以下の記事を読むことで理解が深まります。

成功者は必ず同じ特徴を持ち、たった一つの共通点がある

2016.08.09

まとめ

お金持ちになるためには、「労働収入」ではなく「権利収入」を獲得できるようにならなければいけないことを、理解できたはずです。ここでは、「自力」ではなく「他力」を活用することだけを考えてください。

  1. E = employee(従業員):自力
  2. S = self employee(自営業者):自力
  3. B = business owner(ビジネスオーナー)他力
  4. I = investor(投資家)他力

具体的には、「人に教えること」を徹底して、ビジネスオーナーか投資家になることを目指します。

これができるようになれば、あなたの代わりに他人が動いてくれるようになります。すると、何もしなくてもお金を生み出せるようになり、同時に自由な時間も手に入ります。

ただし、冒頭でも述べたように、マルチ商法(連鎖販売取引、MLM、ねずみ講)の勧誘だけには気を付けてください。

そうではなく、ビジネスオーナーか投資家を目指し、お金と時間と手に入れて最高の人生を歩んでください。

>>次のページは、ブログで権利収入を得る方法をご紹介します

一般人がブログで広告収入を得る方法がわかる稼ぐ3つの仕組みとは

2016.11.10

無料メールマガジンにて、「ブログで稼ぐための全手順」を公開中

以下にいつも使っているメールアドレスを
正しくゆっくり入力し『登録ボタン』をクリックしてください。

メールアドレス
※必須※