The following two tabs change content below.
ブログを効率よく運営して、集客や収益化(マネタイズ)を全自動化させることが最も得意。たった1つのブログで、年間1億2,000万円を動かすまでになりました。かわいい愛娘が1人いて、現在子育てに奮闘中! ⇒詳しいプロフィールはここをクリック

このページを見ているということは、「競合他社よりも安く質が良いものを扱っているにもかかわらず、お客様が来てくれない」という悩みを抱えているのではないでしょうか。

ただ、この考え方では集客ができないのは当然のことであり、価値の本質をまるで理解していません。たとえ低価格で質が良い商品やサービスを扱っていたとしても、お客様は「あなたから買わなければいけない必要性」を感じなければお金を支払ってはくれないからです。

そもそも、お客様はあなたに全く興味がなく、その存在すら知らない人がほとんどです。この状態では、誰も来店してくれません。

たとえあなたが一つの分野で世界一のスキルを有していたとしても、人を集めることができなければ価値はゼロです。

しかしながら、多くの人はこのことを知らずにお客様を集めようとするため、広告以外では集客ができず、これに依存してしまいます。その結果、売り上げは上がるものの、思うように利益が出ずに自転車操業に陥ってしまう経営者はたくさんいます。

店舗集客を成功したいのであれば、お客様にあなたの存在を認知させ、必要性を認めさせる必要があります。

そこでこのページでは、広告費0円でリアル店舗集客を自動化するたった1つの方法を紹介していきます。その手法とは、自社のブログやサイトを開設して、後はユーザーのためになる記事を書いていくだけです。

これで効率よく確実に成果を出すために、価値や集客の本質から仕組みの構築方法から解説させていただきます。

1.集客に裏技は存在しない

具体的手法の解説をする前に、集客を成功させる考え方を説明させていただきます。ビジネスで成果を出すためには、「思考 → 行動 → 結果」の手順を踏まなければ、確実に失敗してしまうからです。

大半の人は、成功者の「行動」のみを真似してしまうから大きな成果を上げることができないのです。

結論から申し上げますと、集客には特別な裏技は存在しません。たとえ小手先のテクニックでお客様を集めることができたとしても、いつかはその効果はなくなってしまいます。

そのため、集客は方法に頼るのではなく、本質を理解してコツコツと実践しなければ、あっという間に会社は倒産の危機に追い込まれます。

集客の本質については、「集客とはお客様に存在を認知させ、必要性を認めさせること」を参照してください。

ただ、多くの人は広告でお客様を集めようとしてしまいます。その他の方法が分からないからです。

しかし、広告はビジネスを加速させるために活用するツールです。そのため、ゼロの状態からこれに頼ってしまうと、広告なしではお客様を集めることができなくなり、依存してしまう可能性があります。

また、言うまでもなく、広告はお客様に売り込みをかける集客方法です。そのため、下手をしたら嫌われてしまう可能性があります。これは将来、顧客になってくれるかもしれない人を突き放してしまう行動であるといっても過言ではありません。

たとえば、毎日ポストに興味がない広告が山のように入っていたらどのように感じるでしょうか。単純に嫌な気分になるだけでなく、その会社のサービスを利用しようとは考えないはずです。

そのため、もしあなたが広告に関する正しい知識を持っていない場合、お金の無駄遣いになりかねません。これで資金繰りが苦しくなるようでは、本末転倒です。

そうではなく、まずはお客様が勝手に集まる仕組みを作り、会社を安定させることを最優先に考えなければいけません。

一方、冒頭で紹介したブログや自社サイトでの集客の場合、お客様に見つけてもらい、自動的に集まってくるような集客を実現することができます。

1-1.自動集客の本質

ブログや自社サイトは、コツコツと頑張って作り上げることができれば、広告費を1円も使用せずに集客を自動化することが可能になるのです。

集客を成功させている企業の共通点は、その都度お客様を集めているのではなく、仕組みを確立させています。

つまり、お客様を「集める」のではなく、「集まる」システムを構築しているということです。

これと同じように、あなたも集客の仕組みを確立して、最終的に自動化する必要があります。集客の自動化とは、あなたが動かなくても、お客様にあなたの存在を認知させて、「この人から買いたい」と思ってくれる人が勝手に増え続けるということです。

これを実現するのが、ブログや自社サイトです。これらは、一度、構築してしまえば、あなたから商品を買いたい人だけを集め続けることができるようになるのです。

集客は集める人を間違えてしまうと、そこから売り上げに直結しない人ばかり集まってしまい、無駄になってしまいます。このようなリスクを防ぐために、「見込み客とリストの違いが分かる2つの定義とは:集客の基本」のページを見て、どのような人を集めるべきかを知っておきましょう。

2.ウェブ集客を成功させる考え方

当然のことながら、ブログや自社サイトを始めたからといって、お客様が勝手に来るわけではありません。しっかりと手間暇をかけることで、他を寄せ付けない自動集客装置が完成します。

そこでこの項では、ウェブ集客を成功させるための考え方を分かりやすく説明していきます。この思考を持たなければ、インターネットを使ってお客様を集めることは不可能であるため、確実にインプットしておきましょう。

2-1.お客様に提供するのは商品ではなく価値

お客様を集めるとき、商品やサービスの質は一切関係ありません。お客様はあなたの商品やサービスが欲しいのではなく、それを利用することによって得られる利益(ベネフィット)にお金を支払っているからです。これが、価値の本質です。

たとえば、エステサロンに通っている人は、何に対価を支払っているでしょうか。これはマッサージやパックなどの技術力にお金を出しているのではなく、「綺麗になれる」「痩せられる」といった結果に投資をしてくれているのです。

これが接骨院の場合、「腰痛を和らげたい」「肩こりを改善したい」「怪我を治したい」といった「願望を満たすことができる可能性」に価値を感じています。

そのため、この価値の本質を理解した上でこれをお客様に伝えることができなければ、顧客はあなたにお金を1円も支払ってくれません。

あなたの存在を知っていたとしても、必要性を認めさせなければ利用してくれないからです。

もし、まだ価値の意味がよく分からない場合、「価値の意味を知り、付加価値をつけるたった1つの思考とは」のページを見ていただければすぐに理解できるようになります。

ただ、集客に悩んでいる経営者はこの思考ができません。「自社サービスのクオリティ」だけでお客様が勝手に集まってくると思い込んでいます。

そうではなく、この仕組みをあなたが意図的に構築しなければいけません。つまり、マーケティングをしなければいけないということです。

2-2.インターネット集客の本質

とはいえ、これは難しいことではなく、ブログや自社サイトを立ち上げてお客様のためになる有益なコンテンツ(記事)を書き続けるだけでよいです。これをただひたすら続けることができれば、1年後にはお客様が勝手に集まってくるようになります。

また、この手法はお客様に存在を認めさせ、商品やサービスの必要性を認めさせることができます。

つまり、成約率の高い「見込み客」を集めることができるようになるのです。

なぜ、優良顧客を集めることができるかというと、広告では集めることができない「潜在顧客(せんざいこきゃく)」と呼ばれるお客様にアプローチできるようになるからです。

実は、広告に反応するような、既に商品の必要性を認めている人は、全体の1%しかいません。

残りの99%の人は「興味はあるけど今はいらない」といったように、必要性を認めていないのです。この状態の人を、先に挙げた潜在顧客と呼びます。

昔から「ノーニーズノープレゼンテーション」という言葉があるように、必要性のないところに説明はいりません。

要するに、潜在顧客に対して広告を出しても、反応しづらいのです。そのため、たった1%しかいないお客様を競合他社と奪い合うことしかできないのです。

一方、ブログや自社サイトで集客する場合、商品やサービスに興味がある人に「欲しい」と思わせることができます。情報収集しているお客様に対して、ためになる情報を届けることで、ファンになってくれるからです。これを、顧客教育と呼びます。

詳しくは、「アプローチ(顧客教育)で見込み客へと変化する潜在顧客とは」を確認していただければ、値引きをしなくても商品を買ってくれる優良顧客を自動的に集める方法を理解できるようになります。

顧客教育をすることで、お客様の「これが欲しい」という考えを「ここで欲しい」といった思考に変えることができます。

そして、「ここでしか手に入らない」と思わせることができれば、値引きをしなくても、あなたが決めた値段で喜んで商品にお金を支払ってくれるようになるのです。

すると、必然的に価格競争から抜け出せるようになります。

インターネットを活用したウェブマーケティングは、まだ見ぬお客様を集められる所に大きな魅力があります。さらに、この手法であれば、集客から顧客教育までの仕組みを完全に自動化できます。だから優良顧客を集めることができるようになります。

つまり、24時間365日、あなたのために働いてくれる長優秀な営業マンを雇うこととイコールです。これには給料を支払う必要がないため、営業経費を削減して利益率を最大限に高めることができます。

2-3.SNSはあくまでも一つのツールとして考える

インターネットで集客をしようと考えたとき、「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用しよう」と考えます。

しかし、これだけに労力を費やすのは無駄であるため、今すぐにやめてください。いつ無くなってしまうか分からないからです。

もし、今はSNSで多くのファンを獲得できていたとしても、それを運営している元の会社が倒産してしまえば全てを失うことになります。場合によっては、急にアカウントを停止されてしまうことも非常に多いのでリスクしかありません。

もし、そこで築きあげたものを同じように作り直そうと考えても、それ相応の労力と莫大な時間が必要になります。

一方、あなた自身で運営するブログや自社サイトであれば、インターネットが無くならない限り、半永久的にあり続けます。

ビジネスは立ち上げることよりも、それを維持、継続させていくほうが圧倒的に難しいです。そのため、その場しのぎのトレンドに乗るのではなく、毎日安定した集客を実現する仕組みを構築することのみに専念してください。

もちろん、「SNSをやるな」ということではありません。SNSには多くのユーザーがいて、常に情報を求めています。そして、「ためになった」と思えば「いいね」を押したり「シェア」してくれたりします。

ただ、その情報はあくまでもブログや自社サイトで発信していくべきです。あなたが管理をし続ける限り無くなることはなく、半永久的にお客様に価値を与え続けることができます。

SNSを軸として考えるのではなく、「ユーザーに価値のある情報を届け、コミュニケーションをとる場所」であるという思考が適切です。

ここで言う「価値のある情報」とは、「ユーザーが思わず立ち止まり、あなたが書いた有益な記事を読み、それによって行動を起こすこと」を指します。

考えを改めさせたり行動させたりすることができなければ、インターネット上に溢れている「ゴミ記事」と呼ばれる価値のないコンテンツと同じです。

この質の高い記事を書くことができなければ、SNSのフォロワーはすぐに飽きてしまい、あなたのもとからいなくなってしまいます。

先に述べた通り、お客様はあなたにまったくもって興味がありません。この状態のお客様を無理やりSNSで集め、商品を強引に売り込んだとしても、見向きもせずにその場から立ち去っていくことでしょう。

たとえば、SNSで普段から日記のような価値のない情報を流している会社が、いきなり「弊社では来週〇〇のセミナーを開催しますので、是非、来てください」といったところで、誰に対して有益な情報なのでしょうか。

うっとうしいだけであり、すぐに読むのをやめてしまうはずです。

せいぜい、知り合いの人が集まるくらいで、新規顧客に来場してもらうことはできません。同情や義理で無理やり集まるのは見込み客ではないため、あなたの会社に利益をもたらしてはくれないのです。

そうではなく、常にユーザーに対して価値のある情報を与え続けることで、信頼性が生まれるからこそ、あなたのお客様になってくれるようになります。

この価値のある記事をブログや自社サイトで書き続けることができれば、他人の影響を受けることがなく、半永久的に集客で困ることはなくなります。

SNSはあくまでも1つのツールとして考え、それに依存することだけは愚かなだけなので絶対にしないでください。

3.インターネットを活用した集客の具体的手法

この項では、ブログや自社サイトを活用した具体的な手法について解説していきたいと思います。

結論から申し上げますと、ここに小手先のテクニックは一切存在しません。楽をしようとした瞬間にお客様を集めることはできなくなってしまうため、最低限の努力は覚悟してください。

もし、「面倒くさい」「時間がない」といった言い訳をするのであれば、あなたは一生集客で悩み、お客様を集めることはできません。ビジネスとは価値と価値の交換だからです。まずは、ユーザーにとって価値のある情報を提供することから始まります。

自分本位の考え方ではなく、顧客の立場に立ち、役に立つことだけを考えなければいけません。

常にお客様のことを想像しながら、「こんな情報があったら役に立つんじゃないか」「もっとこう書いたほうが分かりやすくなるはずだ」といったことを意識して価値のあるコンテンツを毎日書き続けていく姿勢が大切です。

3-1.手法は有益なコンテンツをひたすら公開していくだけ

あなたが行うのはお客様のためになる有益な記事を書き続けるだけです。ここでいう有益な記事とは、お客様がその1ページを読むだけで、悩みを解決することができるようなコンテンツのことです。

そのため、ブログのデザインに力を入れたところで全く意味がありません。

お客様は見た目のきれいなウェブサイトが見たいのではなく、「探している情報に出会いたい」から検索をしていることを覚えておきましょう。

ブログの集客方法に関しては、「初心者必見!ブログの集客方法で絶対に実践すべき4つのコツ」を見ていただくことで、その他、細かいことを把握できるようになります。

3-2.SEO対策は無意味

ブログや自社サイトを開設した後は、お客様にアクセスをしてもらわなければいけません。そのため、ほとんどの方はこの方法を探します。

すると、SEO(えすいーおー)という言葉を知ることになります。SEOとは、検索エンジン最適化という意味があります。

つまり、GoogleやYahooなどで検索をしたときに、上位に表示させるための手法のことです。

しかし、一昔前までは「ブラックハットSEO」と呼ばれる方法があったのですが、Googleの検索エンジンの仕組みであるアルゴリズムが変わり、これは通用しなくなりました。

そのため、今ではユーザーに価値を与えるコンテンツを配信し続けることでしか、検索上位に表示されることはありません。

そのため、SEOのことは一切考えずに、「どうしたらお客様に価値を与えることができるのか」ということを脳に汗をかいて考えてください。これを行うだけで、毎日のようにお客様が訪れるウェブサイトを運営できるようになります。

実際に、私がこの手法を始めたころは、右も左の分からない状態でひたすら記事を書きつけていました。これは、弊社が運営している「見積り外構工事」です。

それにもかかわらず、日に日にアクセスは増えていき、今では毎月150件以上のお問い合わせをいただくまでに成長していきました。そして、そこから年間1億円以上の工事の契約を結んでいます。

この実例から分かる通り、あなたがやるべきことは「お客様にとって価値のある情報を配信し続けるだけ」です。

まとめ

インターネットが普及した今、ブログや自社サイトを持っていないのは、存在していないこととイコールです。また、既に運営していたとしても、アクセスが集まり、そこから集客ができていないのであれば、そこには価値はありません。

価格競争から抜け出し、大きく利益を上げたいと考えている場合、今すぐに自社メディアを開設してください。そして、それだけで満足するのではなく、お客様のためになる有益なコンテンツ(記事)を更新し続けることが最も大切です。

たったこれだけを行うだけで、広告費を1円も使用せずにあなたから商品やサービスを購入したいお客様が毎日のように訪れる自動集客装置が完成します。

手間暇を惜しまずに、コツコツと作り上げることができれば、お客様に感謝されながらあなたの会社は大きく反映していくことでしょう。

>>次のページでは、集客できるブログの作り方を紹介します

初心者必見!WordPressで稼ぐウェブサイトやブログの作り方

2017.07.05

無料メールマガジンにて、「ブログで稼ぐための全手順」を公開中

以下にいつも使っているメールアドレスを
正しくゆっくり入力し『登録ボタン』をクリックしてください。

メールアドレス
※必須※